カテゴリ:境界物( 19 )
入り川の贈り物
おはようございます。

201230です。

『入り川からの贈り物』をお届けいたします。





a0074879_551830.jpg





少し見えにくいのですが許して下さいね(^-^)/




さて、お仕事だ(#^.^#)
[PR]
by jikugen | 2012-12-30 05:43 | 境界物 | Comments(0)
表具処軸源の表具日記【境界物】
おはようございます。

本日は【朱月社展】飾り付けのために大阪ピアスタワー/ピアスギャラリーへ出張です。

【朱月社】は故・北大象先生が設立された現代書の社中です。

現在は奥様の石川ウルフさんが故人の遺志を引き継ぎ新たな【朱月社】として研鑽に励んでいらっしゃいます。
【朱月社展】は1年に1回開催されます。

開催場所  大阪ピアスタワー2F ピアスギャラリー

開催期日  2012年11月15日~11月17日までの3日間。

今年も全紙1/2の作品をパネル仕立てに致しました。
京都の染織家・斉藤洋さんの染布と表具用の無地裂を取り合わせたモダンなパネルに仕立てました。

作品の写真は明日の表具日記でご案内いたします。






とりあえず【境界物】をご覧下さい。

a0074879_7222145.jpg

[PR]
by jikugen | 2012-11-14 07:23 | 境界物 | Comments(0)
表具処軸源の表具日記【境界物】
おはようございます。

本日の【境界物】はこんなものです。


a0074879_74369.jpg

[PR]
by jikugen | 2012-11-10 07:07 | 境界物 | Comments(0)
表具処軸源の表具日記【境界写真】
おはようございます。

本日は昨日に引き続きまして【一字書・パネル仕立て】をご紹介させていただきます。

パネル寸350X350X25

浮かし作品台タイプ



a0074879_7371296.jpg



a0074879_7373795.jpg



a0074879_73752100.jpg



a0074879_738634.jpg



小さめのパネル仕立ては飾る場所の制約から自由度の高い表具です。
また軽いので掛け替えや壁の仕様如何に関わらず飾り付けが可能です。
[PR]
by jikugen | 2012-11-09 07:46 | 境界物 | Comments(0)
表具処軸源の表具日記 【境界物 11】
おはようございます。

本日の【境界物】はこのような代物(シロモノ)です。


a0074879_7214935.jpg





a0074879_7221731.jpg





40年くらい前に発見しました。
「これは何だ!」とその時も思ったものです。
いつ頃だったか「擬似巣」じゃないかという意見があり、それもそうだな「擬似巣」かもしれないな、というところで納得したまま時が経過しております。
ネット検索をかければたちどころにして判明するのだろうと思いながらこんなことを書いています。
ネット検索の世界は凄まじく便利だと思う一方で、疑問を熟成させる独特の時間感覚は大事にしたいなと思うのです。
[PR]
by jikugen | 2012-11-07 07:34 | 境界物 | Comments(0)
表具処軸源の表具日記
おはようございます。


本日の【境界物】は包丁です。

a0074879_7444352.jpg




三本並べてみました。

包丁を研ぐことは摩滅させることでもあるということなんだ、と。
[PR]
by jikugen | 2012-11-06 07:47 | 境界物 | Comments(0)
表具処軸源の表具日記【海の境界物 2】
おはようございます。

【角田明舟・片山志野二人展】は皆様のご支援を頂き好評の内に無事終了することができました。
3日間という短い期間ながら晴天にも恵まれ多くのご来場をいただいとこと御礼申し上げます。
ありがとうございました。




さて【境界物】ですが、本日は昨日に引き続き【海の境界物】です。
向島の干汐海岸の砂浜で棲息していたものです。
フジツボは好奇心旺盛な生物なのでしょうか。
打ち捨てられたスチール缶を棲家にしてしまうわけですから、柔軟性がなくては出来ない芸当ですよね。スチール缶は波に揺られあちこちと彷徨うたびに棲息場所が変わるのでいろいろ大変じゃないかと思ってしまいます。
でもその辺りはきっとフジツボなりの戦略があるのかもしれません。
棲息場所を拡大するための戦略かもしれません。
スチール缶は波に浚われ沖に運ばれていくことも充分に考えられることです。
いや、沈没した難破船の船体にフジツボがびっしりと棲息しているのだから、沖に浚われてもかまわないだろう。
そう考える時、このスチール缶を棲家としたフジツボが何かうらやましくも思えてくる。










a0074879_7313217.jpg



a0074879_7322126.jpg

スチール缶にフジツボです。
[PR]
by jikugen | 2012-11-05 07:46 | 境界物 | Comments(0)
表具処軸源の表具日記【海の境界物】
a0074879_915543.jpg


a0074879_921311.jpg


a0074879_922828.jpg






おはようございます。

今日の境界物は【海の境界物】です。

海の塩と風、時間の経過で幾重にも積み重なった錆びが、この物体の不思議さを生みだしています。

この正体不明なモノ、おそらく螺(にし)だと思います。

螺に何故このように錆が付着し積み重なったのか分かりません。

海岸での潮風による長年の積み重なりが独特の境界物を生み出しました。

かってそれが螺であったことさえ分からなくなるほどに変容した境界物としてここに取り上げました。
[PR]
by jikugen | 2012-11-04 09:13 | 境界物 | Comments(0)
表具処軸源の表具日記【境界物 8】
a0074879_7291534.jpg

【境界物 8】




おはようございます。

本日の【境界物 8】はコレです。

和釘だと思います。

信濃川大河津資料館 〒959-0124 新潟県燕市五千石 (旧分水町五千石)さんおホームページから引用刺せていただきます。

和釘は農業の代替品?
燕市産業史料館に保存されている和釘(わくぎ)。江戸時代、現在の県央地域は和釘の一大生産地であり、世界に誇る金属産業になるきっかけとなりました。その和釘づくりは、水害に悩まされた農民達の副業だったとも言われており、金属産業と水害の意外な接点が見えます。


和釘の特徴は断面が四角形であるということで、主に神社仏閣に用いられたようです。

またウィキペディアによれば
【和釘は、当初日本刀と同様にによって製作されており、釘型の金属製品を作成する鍛冶屋を「釘鍛冶」とも言った。人口増に伴う住宅需要の増加などから、江戸時代初頭には鋳造が主流となった。

今では和釘使用は宮大工による寺社建築の新築、修繕のみとなった。】




というようなことで、本日の【境界物 8】は和釘(だと思います)です。
断面が四角形であることと表面積がおおきいことの特徴が和釘の抜けにくさを体現させているようです。また鍛造は鉄の純度が高くなることで錆びにくくなることが最も重要なことではないでしょうか。


一般的な建築には用いることがなくなった、つまり日頃見る機会がなくなったということで【境界物】とさせていただきました。
[PR]
by jikugen | 2012-10-31 08:00 | 境界物 | Comments(0)
表具処軸源の表具日記 【境界物 7】
a0074879_73511.jpg

  【境界物 7】





おはようございます。

本日の【境界物 7】はこの中心に穴を持つ円板です。
とてもありふれた形なんだと思います。
おそらく日常的に使われる様々な器具や機械において何らかのパーツや部品として機能していたと思われます。すぐには思いつきませんがキリがないほどにあるはずです。ボルトナットの補強に用いられるワッシャもその代表的なモノのひとつです。中心に穴を有する円板という形を広く理解すればタイヤもそうですね。あるいは歯車も見過ごすことは出来ません。
中心に穴を有する円板という形は道具を作りだし用いる人間にとって基本的なしかも重要な形の代表の一つでしょう。特に大量生産時代における生産効率や運搬・移動が回転と切っても切り離せないからです。
もちろん太古において中心に穴を有する円形の石造物もありましたし、また貨幣としての硬貨も重要です。
円板に於ける中心に位置する穴は単なる穴ではなさそうですね。
いずれにせよ、僕たちはこの中心に穴を有する円板という形状物から多大なる恩恵を授かっているというわけです。
だから即興で書けるようなヤワな存在ではなさそです。
[PR]
by jikugen | 2012-10-30 07:25 | 境界物 | Comments(0)



尾道・表具         表具処 軸源           (店主 津口知幸)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
カテゴリ
全体
表具
修復
掛け軸

屏風
衝立

パネル額
展覧会のご案内
表具日記
境界写真
境界物
尾道工業高校体操部
書道展のご案内
尾道
表具店
無題
扇子
扇子立て
巻子
掛軸・染み抜き
オリジナル扇子
俳句
ツイッター
最新の記事
表具と扇子
at 2017-10-06 08:14
掛軸の黴
at 2017-08-12 10:11
陶板額
at 2017-08-11 09:03
床の間と掛軸
at 2016-12-26 14:32
『鉄樹枝を抽(ぬき)んじ石樹..
at 2016-05-13 08:57
『鉄樹枝を抽(ぬき)んじ石樹..
at 2016-05-13 08:57
「ヴィヴィアン・マイヤーを探..
at 2016-01-12 18:18
山岡鉄舟の掛軸仕立て直し
at 2015-12-31 21:24
高校生絵のまち 尾道四季展
at 2015-12-24 12:52
表具処軸源のパンフレットが完..
at 2015-12-15 13:04
最新のコメント
> 田久 明様 お久し..
by jikugen at 10:22
ご無沙汰をしております。..
by 田久 明 at 08:01
有難うございます。 仰..
by jikugen at 18:59
リンクが正常になり良かっ..
by sho-doit at 17:13
こんにちは。 リンクの..
by jikugen at 12:10
こんばんは。コメントあり..
by jikugen at 00:36
こんばんは。 御無沙汰..
by sho-doit at 22:26
sho-doitさん、追..
by jikugen at 04:34
Sho-doitさん、コ..
by jikugen at 04:20
こんにちは!かなり前の記..
by sho-doit at 11:08
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2016年 12月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧