<   2009年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧
表具日記 竹原市在住作家6人展  『町並みGarllery S』 にて
a0074879_71206.jpg



a0074879_730322.jpg

広島県竹原市町並み保存地区胡堂の隣りにある
『町並みGallery S』 開館2周年記念の催し

油絵・陶芸・彫刻・写真・書の6人展です。

油絵  安森征治
油絵  升元恵三郎
陶芸  谷山正昭
書    角田明舟
彫刻  池田和夫
写真  前川和男

昨日飾り付けをお手伝いしてきました。
ギャラリーSは町並み保存地区にあるので
外観も内観も古い構造を保存した造りとなっています。

画家の安森征治さんの旧宅を改装したギャラリーだそうです。
ギャラリーSのSは征治のSに由来するそうです。



a0074879_12442846.jpg




a0074879_12444845.jpg




a0074879_12452551.jpg




a0074879_12455328.jpg






旧家の町並みが残る竹原町並み保存地区は
よくも古い町並みがこれほど残ったものだと
思ってしまいます。
因みにギャラリーSの2軒右隣りは
頼惟清旧邸があります。
中に入って見学も出来ます。(無料)


5月3日4日に開催される『たけはら竹まつり』と併せて
お楽しみください。









   6人展後の催し物も決まっています。
a0074879_72114.jpg


[PR]
by jikugen | 2009-04-30 07:44 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記           ラオス・タイ 綿織物
 
a0074879_3555843.jpg



              先だってとある展示会場で
             この織物を購入した。
             タイ近辺の綿織物らしい。
             周囲の緑色の網目は日本の蚊帳で
             その上に縫いこんであった。

             肩掛けのようにして使う布だろうか。

             額に仕立ててみようかな
             と思って買ったのだけど
             仕事場に掛けて
             何となく眺めている。

             シンメトリーなデザインに
             白・藍・黄・赤の4色で
             花を織り込んである

             このような左右対称なデザインは
             シンボリックな感じがする。
             花という存在が
             の国の暮らしにとって
             聖なるものとして
             とても重要なものとして
             かかわっている
             そんな気がします。

             花に宇宙の理をみている
             敬虔な態度を感じます。

             所変われば品変わる
             というところだろうか。


a0074879_356168.jpg


[PR]
by jikugen | 2009-04-29 04:31 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記  夜の東西橋界隈
a0074879_8175529.jpg

東西両島を結ぶ直径60㎝位のパイプ。
関係者以外
この水色のパイプが何のためのものか知っている人は殆どいないのではないか。




a0074879_8181191.jpg

 いつもお世話になっております。
 今後ともよろしく。



a0074879_8182446.jpg

 夜も人を誘うように点灯し続ける。
 喜んで誘惑される人と虫。
 光に誘われて
 喉が渇いているわけでもないのに
 どれにしようかと悩んだりする
 こともある。

[PR]
by jikugen | 2009-04-28 08:27 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記  旧豊田郡本郷町の旧家に残る 下草刈鑑札など
仕立て直しの掛け軸を納品した先の旧家に残る
官林の下草刈鑑札や農兵の名札を見せていただいた。



a0074879_7162645.jpg

    官林の下草刈鑑札。
    この札が無ければ草を刈ることが出来なかったそうですが
    誰でもが鑑札を許可されたわけではなく
    やはり一部の農家にのみ許されたようです。


    詳しく調べないともったいないと思っていますが
    今日はとりあえず写真のみということで。

a0074879_7173066.jpg







a0074879_718230.jpg

       江戸時代の農兵札ということです。


a0074879_7192415.jpg





a0074879_7182763.jpg

       豊田郡本郷村と書かれています。
       出身地で振り分けるというのは
       時代をさかのぼればさかのぼるほど
       得のゆくやり方だと思う。

[PR]
by jikugen | 2009-04-27 07:35 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記  腰背筋の凝り
2㎜厚のアルミ板に直径3㎜の穴を110コあけるために
まづ直径1ミリの下穴を110コあけ
それから直径3ミリの穴を110コあける作業をした。
電動ドリルで合計220コの穴をあけたのだった。
ために
首周りおよび腰背筋(という部位があるのかどうか知らない)が
凝ってしまった。
軽い筋肉痛のようなものだ。
久々の筋肉痛はしかしなんだか懐かしくもある。

以前より構想していたデザインの額製作のためなので
思わず力が入ったのだ。


というようなことで
軸源フレーム新作展を考えています。



a0074879_9333812.jpg
        手に取って見るのも久しぶりのテントウムシ。
       こんなふうに写真で見るとロボットのようではないか。
       実は超小型のテントウムシロボ。
       と書いてもへーといわれそうだ。
       昆虫は宇宙から飛来したという説もあるようだ。
       どことなくメカニックな形態は未来的だ。

[PR]
by jikugen | 2009-04-26 08:31 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記   鳩山曰く   『 絶対に許さない!!』
『最低の人間だ』という発言の訂正はともかく
『 絶対に許さない!!』の発言にみんな驚いたのだと思う。
政治的に全裸を晒した鳩山というところか。

型どおりの逮捕というのは
あまりにも芸がなさ過ぎる。

パトカーに移送されるシーンなぞ
まるで殺人犯並みの扱いではないですか
抑制がきかないマスメディアの醜態。


みんなそれなりに思い当たる節があるだろうに。


草なぎくんの受け答え
とても立派だと感じました。
私だったらとてもあんな風に答えることは出来ないな。
素直だしかつ自分の立ち位置をよく理解されている。
そのように感じました。





a0074879_20343458.jpg




a0074879_20384462.jpg




a0074879_20415191.jpg



空中に張り巡らされた
この線に私たちの生活が託されている。

[PR]
by jikugen | 2009-04-25 06:13 | 表具日記 | Comments(1)
            清水由起子さんがお亡くなりになりました。




           清水由起子さんのご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by jikugen | 2009-04-24 17:48 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記 油絵の額は何故あのように金ピカでゴージャスなのか
桜の季節は終わったけれど 尾道市立美術館では
3月4日から5月6日まで
『栄光のルネサンスから華麗なロココ』という特別展を開催している。



a0074879_6582448.jpg
     (写真は尾道市立美術館のホームページよりお借りしました)


『栄光のルネサンスから華麗なロココ』を最初に見たのは
千光寺の桜も蕾がちらほらし始める頃だった。

書こうと思いながらそのままになってしまっていたことがある。

油絵の額は何故あのように金ぴかでゴージャスなのだろうと
疑問符を抱え込んだままだ。

しかし『栄光のルネサンスから華麗なロココ』を見たことで
その疑問が氷解したのだった。

聖書を主題に始まった西洋に於ける宗教画は
聖なる神の世界を描くものにほかならない。

その聖なる神の世界を当時の人々が
いかなる気持ちで接していたかをかたちにしたものが
あの金ピカでゴージャスでデコラティブな額縁なのだ。

そのあまりの見事な額の有り様を前にして
長年抱き続けてきた油絵額に対する疑問は氷解した。

聖なる神の世界に接する気持ちは
まさにこのようであったに違いないという理解を得た。
キャンバスという平面でありながら神の居ます場であれば
世界の中心に住む神を表すかたちが額であり
同時にオーラを表すものが金であったと思われる。


西洋絵画といわれるものが宗教画から始まり
宗教画から離れた画題をえがくようになっても
西洋絵画の初原を保存したいという意志によって
金ピカでゴージャスで在り続けようとするのではないか。

あたかも
日本においては平面的な仏画を扱う掛け軸表具が『仏表具』といわれ
真・行・草と分類される中での「真の表具」であり
やはり金ピカでゴージャスであることと同じことなのだ。

仏壇が仏の化身をおさめる場であるがゆえに
金ピカでありゴージャスであり
デコラティブであることと同じことだ。

まだご覧になっていない方
額縁に圧倒され打ちのめされるだけでも
得難い体験ではないでしょうか?
お奨め致します。

[PR]
by jikugen | 2009-04-24 06:58 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記   明治12年木版刷り 風俗図  屏風仕立て直し
a0074879_7153951.jpg

養蚕から機織りまでをひとつの画面に描いています。
桑林も機織りも同一画面に描くという
スーパー遠近法だけれど
不思議なことに違和感がありません。
スーパー遠近法とスーパリアリズム
伝えるべきが何であるかが明確であれば
感動をともなって伝わるものだ。




a0074879_7163455.jpg

高貴な方々の花見風俗。
ご婦人たちの身の回りのファッションに火花が散っているようです。
身に着けた着物や髪型から
江戸時代をそのまま引きずっているのかと思ってしまいます。
いつの時代も女性のファッションは命がけなんだ。




a0074879_718390.jpg

明治12年の木版画を屏風に仕立てたのでずいぶん傷んでいます。
在りし日の日本を屏風として仕立て直します。
本紙の周りの裂地は古い着物を使うことにしています。

[PR]
by jikugen | 2009-04-23 07:29 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記     さんばのす   
a0074879_535367.jpg
昨日、仕事で東尾道へ行った。
桑田渡船を待つ車の中から東側を見ると
遠くの沖に山波の州(さんばのす)が現れていた。
(画面中央部あたりに白っぽく横に細長く見えるのが山波の州です。)

山波の州とは引き汐の時
海の中に
最大面積15ヘクタール(広島市民球場の3倍の広さ)の州が現れる。
アサリの宝庫なのだ。

潮干狩りの季節になると
漁協の繰り出す船で山波の州に降り立ち
何百人もの人々が貝掘りをする。

わたしも小学生の頃行った記憶がある。

また向東町の東南沖にある加島に
今は見られなくなったマテ貝堀りに行った記憶もある。
絶滅したのだろうか。

10㎝ほどの葉巻形の2枚貝で
旬のワケギとマテ貝のぬたは絶品でした。
ちくわがこれまたうまかった。


アサリついでにあさりの玩具を見つけました。
潮吹きあさりという玩具です。
あさりのかたちをした水鉄砲だそうです。
これまでにあっても良かったと思えるだけに
ヒットしそうです。
というより
ヒットして欲しい。
ヒットしますように!!

a0074879_20353889.jpg
       ちなみにこの会社とは何のつながりもありません。
       ただこういうのが好きなだけです。

[PR]
by jikugen | 2009-04-22 05:59 | 表具日記 | Comments(0)



尾道・表具         表具処 軸源           (店主 津口知幸)
リンク
カテゴリ
全体
表具
修復
掛け軸

屏風
衝立

パネル額
展覧会のご案内
表具日記
境界写真
境界物
尾道工業高校体操部
書道展のご案内
尾道
表具店
無題
扇子
扇子立て
巻子
掛軸・染み抜き
オリジナル扇子
俳句
ツイッター
最新の記事
掛軸の黴
at 2017-08-12 10:11
陶板額
at 2017-08-11 09:03
床の間と掛軸
at 2016-12-26 14:32
『鉄樹枝を抽(ぬき)んじ石樹..
at 2016-05-13 08:57
『鉄樹枝を抽(ぬき)んじ石樹..
at 2016-05-13 08:57
「ヴィヴィアン・マイヤーを探..
at 2016-01-12 18:18
山岡鉄舟の掛軸仕立て直し
at 2015-12-31 21:24
高校生絵のまち 尾道四季展
at 2015-12-24 12:52
表具処軸源のパンフレットが完..
at 2015-12-15 13:04
書「火花」パネル仕立て
at 2015-12-13 12:32
最新のコメント
> 田久 明様 お久し..
by jikugen at 10:22
ご無沙汰をしております。..
by 田久 明 at 08:01
有難うございます。 仰..
by jikugen at 18:59
リンクが正常になり良かっ..
by sho-doit at 17:13
こんにちは。 リンクの..
by jikugen at 12:10
こんばんは。コメントあり..
by jikugen at 00:36
こんばんは。 御無沙汰..
by sho-doit at 22:26
sho-doitさん、追..
by jikugen at 04:34
Sho-doitさん、コ..
by jikugen at 04:20
こんにちは!かなり前の記..
by sho-doit at 11:08
以前の記事
2017年 08月
2016年 12月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧