<   2009年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧
       入り川のこれなんだろう  他
a0074879_8232169.jpg


 タイトルそのまま
 砂が潮の流れにそって細長く盛り上がった輪郭を形成している。
 入り川沿いを歩きながら “ おや ?!” と
 思ったのだった。
 たぶん入り川に棲む生物の動いた軌跡だと思う。
 入り川の生物といえば貝類か蟹しか思い浮かばない。
 おや!?とおもったのは
 初めて見る形状だからだ。

 なんだろう。

 

 誰かご存じの方
 教えて下さい。



a0074879_82412.jpg


 入り川沿いの電信柱だが
 この傾き角度は許容範囲なのだろうか!?




a0074879_8242687.jpg


 新東西橋に立つ道路標識。
 カラフルなテープの貼られ方が美しい。
 これもなにか決まり事のうえで為されているのだと思う。




 入り川のこれなんだろう.

 





[PR]
by jikugen | 2009-05-31 08:36 | 表具日記 | Comments(0)
書店に行くと何故か本を買ってしまうという現象について
a0074879_7453314.jpg


 とりあえず送信します。
[PR]
by jikugen | 2009-05-30 07:47 | 表具日記 | Comments(0)
                  夕闇迫る隙間の視界  
a0074879_416453.jpg




a0074879_4163034.jpg




a0074879_4164895.jpg













a0074879_4171022.jpg


 家と家との隙間。
 70㎝ほどの空間に店舗のシャッターの支柱を置く。

 シャッターを開閉するるために
 毎日この隙間に入り込む。

 この地面の写真はその隙間から出たところだ。

 最初の3枚はその隙間から
 夕闇の空を撮ったものだ。

 隙間から空をみあげたことがなかった。
 ふと見上げたのだったが
 ちいさな感動があった。

 それがなんなのか
 わからない。

 暗く狭いところから
 見上げたら
 夕闇が思わず仄明るかった
 その意外性に感動したのか。

 見上げてみるのも悪くない。






 

 

[PR]
by jikugen | 2009-05-29 04:40 | 表具日記 | Comments(0)
つぶれたアルミ缶の編集は 押し花の動機と似ていると思った。
a0074879_7125444.jpg


 初登場より3日目の変形


a0074879_713192.jpg


 同じく初登場より3日目の変形
 



 つぶれたアルミ缶は同じような場所に留まっていた。

 つぶれたアルミ缶は車社会の現象のひとつとではあるのだろう。

 今日のブログタイトルを決めようとするとき

 つぶれたアルミ缶をとりあげる私の気持ちは
 押し花の動機に通じるところがあると思った。

 紙と紙の間に挟んだ花びらの
 水分を取り除く作業を繰り返すことで
 花びらへの思いが押し花とというかたちとして結実する。

 薄くなった花びらは
 花のあやうさを象徴している。

 つぶれたアルミ缶も
 薄くなることで
 この文明が象徴的に現れている。

 薄くなった氷りのことを
 『うすらい』と名付ける私たちの文化は
 消えてゆく瞬間にこそ立ち上がる
 ものの本質をとらえようとしてきた。
 
 

 
 
 

 
 
a0074879_7141583.jpg




a0074879_7143252.jpg




a0074879_7145538.jpg




a0074879_7151073.jpg



  ふたつの写真は入り川沿いの日常。
  だが時間切れとなってしまった。







[PR]
by jikugen | 2009-05-28 07:58 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記  つぶれたかたちその後  アルミ缶変形事情
a0074879_719377.jpg



a0074879_719306.jpg


 裏はこんなふうでした。



a0074879_720141.jpg



a0074879_7202778.jpg


 1日後
 変形はあるのだろうけれど
 なかなか見つからない。

 7つのまちがいさがしのようなものだ。

 このような変形はアルミ缶のなせる技。
 紙でも鉄でもない
 いわば新しい変形の有様だ。



 今日はどれだけの変形が加わっているだろうか。
 誰かが蹴ったり
 車がはね飛ばして
 何処かへ移動して見つからないかもしれない。

  

 

 


a0074879_7204526.jpg


 裏風情。








[PR]
by jikugen | 2009-05-27 07:35 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記     つぶれたかたち様々
         タイトルそのままの有様。

         つぶれて間もないものや
         数ヶ月を経たもの
         これからさらにつぶれてゆくだろうもの
         これ以上つぶれようがないもの。






a0074879_395960.jpg


 不思議ともいえるつぶれかた。
 よく見ればプルトップは未開のままだ。
 圧力はほとんど真上からかかったているように見えるが
 プルトップが一番最初に裂けるはずなのに
 プルトップ以外のところが裂けている。




a0074879_310216.jpg


 最もポピュラーなつぶれかた
 のはず。




a0074879_3104519.jpg


 テッシュはそれ以上つぶれることなぞないようなかたちだが
 しかし
 押しつぶされた風情ではある。





a0074879_311793.jpg






a0074879_3112558.jpg






a0074879_3114969.jpg





a0074879_312936.jpg



 つぶれたばかりの新参者。






[PR]
by jikugen | 2009-05-26 03:21 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記      幼児の視界
a0074879_6334214.jpg


 何を書こうかと写真をみていたら
 幼児の危険性を思った。

 この位置で見る幼児の年齢は
 2,3歳だろうか。

 うまく歩けない

 このうまく歩けないということの意味は
 歩くことが全てであるような世界において
 あまりに危険に満ちている
 ということでもある。

 つまりひとりでは
 このような視界現場にひとりでいることは
 死に直結することを意味する。

 そもそもひとりでこんなところに
 いることはないだろう。

 誰かに手を引かれて歩いている
 に違いない。

a0074879_6533797.jpg









 

[PR]
by jikugen | 2009-05-25 06:54 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記   ゲートのようなこの乗り場
a0074879_7473961.jpg


 対岸は尾道造船。
 桑田渡しの尾道桟橋は正面より西へ100メートルほどの処にある。

 尾道大橋の橋脚方向に向けて進むフェリーは
 いつも渡る航路を遠望するようになる
 
 少しだけ旅人になる。

a0074879_8474794.jpg


 話は飛ぶけれど
 7つのまちがいさがしという
 2枚の絵に隠された7つの違いを見つけるクイズがある。

 こんな違いに何故気づけなかったのかと思っていたが
 間違いを捜すためには
 片方の絵を記憶する必要があるが
 その記憶が足かせとなって
 間違いを見えにくくさせているのだと気づいた。

 どんなに捜しても
 ついに見つからず
 答えをみてしまうこともあるが
 そんな時は疲れていたり
 脳が保守的になっているのだと思うけれど
 どうだろう?
 
 







[PR]
by jikugen | 2009-05-24 08:09 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記         夕焼け雲と電線と
a0074879_6561343.jpg


 まるで千昌夫歌うところの演歌歌謡曲のようなタイトルだ。

 でもこのタイトルじゃあロマンがなさ過ぎる。
 

 入り川に映った夕焼け雲がきれいだったので
 ケータイを取り出したのだ。

 映像を編集すると
 夕焼け雲はこの目で見たようには映ってなかったが
 電線が波の干渉をうけて
 この目では見えなかったかたちが映っていた。
 2,3本の電線がこんなかたちに歪むのだろうかと
 半信半疑にもなる。
 しかし映っているのだからしかたない。

 なにか言いたいのだが
 言葉が出て来ない。

 ・・・・・・・・波動曲線・・・・・・・・・・。

 






[PR]
by jikugen | 2009-05-23 07:24 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記  いやー  好きな俳句に出会いました ビールが旨い
        


     信号は赤右折なら春夕焼け  なづな


“ 俳句 e船団 俳句クリニック ” の小西雅子ドクター選






          信号は赤右折なら春夕焼け  なづな







a0074879_20543246.jpg







a0074879_20545446.jpg





                                  以上。















[PR]
by jikugen | 2009-05-22 20:56 | 表具日記 | Comments(0)



尾道・表具         表具処 軸源           (店主 津口知幸)
リンク
カテゴリ
全体
表具
修復
掛け軸

屏風
衝立

パネル額
展覧会のご案内
表具日記
境界写真
境界物
尾道工業高校体操部
書道展のご案内
尾道
表具店
無題
扇子
扇子立て
巻子
掛軸・染み抜き
オリジナル扇子
俳句
ツイッター
最新の記事
表具と扇子
at 2017-10-06 08:14
掛軸の黴
at 2017-08-12 10:11
陶板額
at 2017-08-11 09:03
床の間と掛軸
at 2016-12-26 14:32
『鉄樹枝を抽(ぬき)んじ石樹..
at 2016-05-13 08:57
『鉄樹枝を抽(ぬき)んじ石樹..
at 2016-05-13 08:57
「ヴィヴィアン・マイヤーを探..
at 2016-01-12 18:18
山岡鉄舟の掛軸仕立て直し
at 2015-12-31 21:24
高校生絵のまち 尾道四季展
at 2015-12-24 12:52
表具処軸源のパンフレットが完..
at 2015-12-15 13:04
最新のコメント
> 田久 明様 お久し..
by jikugen at 10:22
ご無沙汰をしております。..
by 田久 明 at 08:01
有難うございます。 仰..
by jikugen at 18:59
リンクが正常になり良かっ..
by sho-doit at 17:13
こんにちは。 リンクの..
by jikugen at 12:10
こんばんは。コメントあり..
by jikugen at 00:36
こんばんは。 御無沙汰..
by sho-doit at 22:26
sho-doitさん、追..
by jikugen at 04:34
Sho-doitさん、コ..
by jikugen at 04:20
こんにちは!かなり前の記..
by sho-doit at 11:08
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2016年 12月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧