<   2009年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧
ふたたび表具における取り合わせ 二物衝撃
表具において
中心となる本紙(作品)とその周縁に位置する表具との関係を
俳句における二物衝撃に喩えることが可能だと思う。
表具裂の模様や色が本紙(作品)と近すぎることは
トートロジーであって表具の意味を自ら捨て去るようなものだと
思える。

一般的に表具を語るとき
本紙の邪魔をしてはいけないとか
本紙が主で表具は従であるとかが表具論の根本として
語り継がれて来たように思う。
そうすること本紙が引き立つように表具することなどを
表具師は心懸けるのですが

この世に表具が生まれた現場に立ち会おうとすること
様々な表具の試みがなされることが必要だ。

夏を表現するときに暑いという喩えは
近すぎて意味が発生しないようなことが
表具における本紙と表具裂の模様や色との
取り合わせにも言えると思う。


俳人の黛まどかと茂木健一郎との共著「俳句脳」のなかで
「二物衝撃」について黛まどかは次のように書いています。

”‥‥俳句の中では異質な言葉が出会い、ぶつかり合い、
掛け算の関係になって飛翔します。
言葉と言葉の出会いによって、それまでそれぞれの言葉の
世界ではありえなかった新しい次元を作り出すのです。
これを俳句の世界では
「二物衝撃」とか「モンタージュ」「二句一章」などといいます。
 この二物を結婚に喩えると、
一句の中では似たもの同士はいっしょになれません。
まったく違う性格の者同士がお似合いのカップルになれます。
しかしまったくすれ違ってばかりの二人では駄目です。
一見とても違う二人なのだけれど、
どこかに響きあうところを持ったもの同士がいいのです。
フランス料理で、
ワインと相性のいい料理を組み合わせることを
「マリアージュ」といいますが、
まさに俳句もマリアージュなのです。”
                    「俳句脳」より



a0074879_72486.jpg


       河村ひさ舟かな書展が
       尾道画廊珈琲孔雀荘で始まります。

       本日はその飾り付けです。
       軸源が表具をさせていただきました。




               軸源の表具日記 2009/10/31

[PR]
by jikugen | 2009-10-31 07:57 | 表具日記 | Comments(0)
危機一髪 「とりあえず」
明日搬入飾り付けの表具仕事の為
月3回までは許されるという「とりあえず」を使いたい。




a0074879_8444915.jpg





              軸源の表具日記 2009/10/30

[PR]
by jikugen | 2009-10-30 08:47 | 表具日記 | Comments(0)
映画「へうげもの」のキャスティングについて
昨晩
映画「へうげもの」のキャスティングについて家族会議をした。
主人公の古田織部は誰が最適だろうか?
信長は?
利休は?

ターゲットをどの年齢層にするかによって
演出も大きく変わるものだなと感じながら

古田織部   竹中直人
         香川照之
         オダギリジョー
         加瀬亮

         阿部寛
         奥田瑛二

千利休     伊武雅刀


などの名前が候補に上がった。
自信の無さをバネにして
思い切った作為を生む
へうげものの面目

あの沓茶碗の破れかぶれを
400年前にやってかました織部の
へうげをへうげんというか。




a0074879_657134.jpg



a0074879_19452484.jpg


         河村ひさ舟かな書展
         尾道画廊珈琲 孔雀荘

         飾り付け10月31日

         風邪を引かぬように。




                    軸源の表具日記 2009/10/29

[PR]
by jikugen | 2009-10-29 07:01 | 表具日記 | Comments(0)
へうげ(道化)ものの面目 沓茶碗
戦国時代を体験した私たちの祖先がイメージした日本。
名付けようのない生命体としての生々しい日本を体験した時代。
生まれては潰れ、挑んでは潰えることを繰り返した時代。

「ヒズミタルモノ」 
「ヘウゲモノ」こそ
たとえば大名佐々木道誉の「過差」なる美意識そのものであった。
過剰と変差こそ、
完全密閉されたかにみえた
利休の茶の湯の唯一の脱出口であった。

と栗田勇は書いている。




a0074879_734140.jpg



a0074879_7344263.jpg



a0074879_7345812.jpg



a0074879_7351877.jpg



a0074879_7354382.jpg



a0074879_7355999.jpg



a0074879_7362297.jpg




               軸源の表具日記 2009/10/28

[PR]
by jikugen | 2009-10-28 07:52 | 表具日記 | Comments(0)
信長の死後のかたちの変化 「へうげもの」
「へうげもの」の4服(巻)に
1584年10月  京 
信長の死後の京都の町屋通りが描かれてあって
店舗の外観を改装している場面がある。

紹介してみます。

「これは増田屋はん」
「お店を黒く塗り替えはりますのんか?」

「ええ・・・・・・」
「派手な店先が少し恥ずかしうなって来ましてなあ・・・・・・・」

「それは結構なことで」
「わたしの店も少しすすけたように工夫しましたら
値を上げても品物が飛ぶように売れましてなあ」

「この通りも枯れ木の似合う
ええ佇まいになりまして・・・・・」

「ほんまですなあ」


このやりとりに私は感心してしまいました。
派手好みな信長が死した後
利休の好む「黒」が
町屋の見た目に取り込まれ、入り込んでゆく様が
わずか5コマで描かれています。

たまたま
Casa BRUTUS⑪
《知らないと恥ずかしい!
日本建築・美術デザインの基礎知識。
戦国デザイン編》
が目に止まりました。

戦国時代の変わり兜や陣羽織には大笑い
そして感心してしまいます。
見事というほかない造形です。

やきものでは
「織部」が紹介されてありました。

利休に対する織部の作為は
あっぱれとやけくそとの入り混じった力業だと思う。

a0074879_19385575.jpg

 2007年9月18日の中日新聞記事に
 「へうげもの」が紹介されている。
 岐阜出身の織部だけにほってはおけない。

 作者の山田芳裕はよくぞ織部に焦点を当てたものだ。
 感謝です。
 



a0074879_6383834.jpg

       風邪をひきそうですが
       河村ひさ舟書展までは死んでも風邪はひかないぞ。
 



              軸源の表具日記 2009/10/27

[PR]
by jikugen | 2009-10-27 07:24 | 表具日記 | Comments(0)
古田織部 《黒織部丸文沓茶碗》 「へうげもの」  
「へうげもの」山田芳裕 現在1~9まで  なお継続中
おかげで古田織部がいっぺんに身近になった。
古田織部は名前ぐらいしか知らなかったのに
今や具体的な人となったし
おまけに千利休や茶の湯へのとっかかりができた。

それにしても古田織部の《黒織部丸文沓茶碗》は茶目っ気たっぷり
ではないか。
うるさいといえばうるさい。
「理屈の織部」と言われたのも何となく分かる。
(簡単に分かるなと言われそうだ)

でも関ヶ原の戦いにおけるスパイ容疑で
切腹を命ぜられたことを知ったのは2日前のことだ。


a0074879_646619.jpg

        無意識がモノのかたちに流れ込むということ。
 



                 軸源の表具日記 2009/10/26

[PR]
by jikugen | 2009-10-26 07:12 | 表具日記 | Comments(0)
因島大橋を渡ってきた
因島大橋が架かっていない頃
因島に仕事に行くときは津部田から大浜まで
フェリーに乗って行くのだが
フェリーを待つ時間が
つかの間であれ休息だった。

橋が出来れば便利だと分かっていながら
あっけないほどの便利さに最初は戸惑ったものだ。

その様な時間のあり方が懐かしい。

a0074879_1240982.jpg



                軸源の表具日記 2009/10/25

[PR]
by jikugen | 2009-10-25 12:44 | 表具日記 | Comments(0)
午前6時 東西橋界隈
a0074879_19231322.jpg




a0074879_19235093.jpg




 とりあえず写真のみ。
 ここのところとりあえずという日が多くないか?




              軸源の表具日記 2009/10/24
[PR]
by jikugen | 2009-10-24 19:29 | 境界写真 | Comments(0)
古田織部主人公の「へうげもの」 山田芳裕 講談社コミック
「へうげもの」 山田芳裕 1巻~9巻 モーニングKC 講談社
7巻まで読了。
この忙しい時にはまってしまった。

茶人「古田織部」を主人公として描く江戸創成期。
織田信長-豊臣秀吉-徳川家康
三者に仕えた古田織部
古田織部と千利休

唐物から和物への転換がいかに成されたのか
生死を賭けたドラマも生まれざるを得ない。
江戸期には現在の日本文化のすべてが生まれたと言われるが
モノのかたちの進化論でもある「へうげもの」
ワクワクしながら読んでいる。




a0074879_7405487.jpg




a0074879_741347.jpg




             軸源の表具日記 2009/10/23

[PR]
by jikugen | 2009-10-23 08:05 | 境界写真 | Comments(0)
入り川の境界写真 光と影
a0074879_13211770.jpg






                    軸源の表具日記 2009/10/22

[PR]
by jikugen | 2009-10-22 13:22 | 境界写真 | Comments(0)



尾道・表具         表具処 軸源           (店主 津口知幸)
リンク
カテゴリ
全体
表具
修復
掛け軸

屏風
衝立

パネル額
展覧会のご案内
表具日記
境界写真
境界物
尾道工業高校体操部
書道展のご案内
尾道
表具店
無題
扇子
扇子立て
巻子
掛軸・染み抜き
オリジナル扇子
俳句
ツイッター
最新の記事
床の間と掛軸
at 2016-12-26 14:32
『鉄樹枝を抽(ぬき)んじ石樹..
at 2016-05-13 08:57
『鉄樹枝を抽(ぬき)んじ石樹..
at 2016-05-13 08:57
「ヴィヴィアン・マイヤーを探..
at 2016-01-12 18:18
山岡鉄舟の掛軸仕立て直し
at 2015-12-31 21:24
高校生絵のまち 尾道四季展
at 2015-12-24 12:52
表具処軸源のパンフレットが完..
at 2015-12-15 13:04
書「火花」パネル仕立て
at 2015-12-13 12:32
平林秀江手作り展『画廊喫茶か..
at 2015-12-09 16:12
山岡鉄舟 一行書 読み下し訂..
at 2015-08-31 10:45
最新のコメント
> 田久 明様 お久し..
by jikugen at 10:22
ご無沙汰をしております。..
by 田久 明 at 08:01
有難うございます。 仰..
by jikugen at 18:59
リンクが正常になり良かっ..
by sho-doit at 17:13
こんにちは。 リンクの..
by jikugen at 12:10
こんばんは。コメントあり..
by jikugen at 00:36
こんばんは。 御無沙汰..
by sho-doit at 22:26
sho-doitさん、追..
by jikugen at 04:34
Sho-doitさん、コ..
by jikugen at 04:20
こんにちは!かなり前の記..
by sho-doit at 11:08
以前の記事
2016年 12月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧