<   2010年 07月 ( 34 )   > この月の画像一覧
子供達の呪能
a0074879_722190.jpg


我が家の呪能の世界。




1Q84 読書中。





[PR]
by jikugen | 2010-07-31 07:33 | 表具日記 | Comments(0)
1Q84 
a0074879_6481792.jpg


1Q84 190ページまで読む。
1巻の1/3辺り。

一筋縄では行かないこの世界がすこしずつ見え始めましたが、実を言うと村上春樹の小説は初めてなので、もうドキドキです。退くこともならず、絡め取られていく主人公達から目が離せません。なんだか祈るような気持ちで読んでいます。

寝ながら読んだせいか首がカチカチ山。




[PR]
by jikugen | 2010-07-30 07:06 | 表具日記 | Comments(0)
1Q84 読書スタート
a0074879_7334471.jpg


何がどんな風にして起こるのだろう?


登場人物は既にして不穏だ。




[PR]
by jikugen | 2010-07-29 07:48 | 表具日記 | Comments(0)
徒競走の如く、人より早く描き上げることが私のモットーだった



a0074879_736665.jpg



a0074879_7362554.jpg




児童図画大会は、お祭り騒ぎの様にうじゃうじゃと小学生が集まった。
1年生から6年生までの描くことが好きな小学生たちの熱気。
一所に集められたその熱気で競争意識が煽られる。

いざ描き始めようとして私は困っていた。
何をどう描けばいいのかさっぱり分からない。
私は競争意識に火が付き興奮気味だった。
なんせ人より早く描き上げることをモットーとしていた(徒競走じゃあるまいし)。
未だ嘗てない早さで描くことがその時の私の命題となった筈だ。
生後2,3ヶ月の赤ちゃんの脳に突然100メートル競技の選手の記憶がのりうつったようなものだ。
気持ちはすでに提出状態だ。
手が追いつくわけがない。
当然の如く私は何も描けない状態に嵌り込んでしまう。
画用紙は真っ白のまま時間だけが進む。
私はますます描け無い状態に追い込まれていった。

図画大会会場に足を踏み入れる前から、
私の頭はヒートアップした徒競走選手だったと思う(残念ながら)。
いっそのことジャクソン・ポロックのように画絵の具を画用紙にぶち投げればよかったんだけれどね。
そう言うわけにはいかなかった。




[PR]
by jikugen | 2010-07-28 07:52 | Comments(0)
どう描けばいいのか分からず泣いた
a0074879_77438.jpg


小学1年生の時、尾道地区の図画大会に参加したことがある。
尾道市立長江小学校で開かれたと記憶している。
向島から尾道に行くことなんて無かったし、
長江小学校が何処に在るかさえ知らなかった。
渡船に乗り父に連れられて到着。
お祭り騒ぎの様にうじゃうじゃと人が集まっていた。

いざ描き始めようとして私は困った。
何をどう描けばいいのかさっぱり分からない。
初めてのさっぱり分からない状態だった。
画用紙は真っ白のまま時間だけが進む。
私はますます描け無い状態に追い込まれていった。
パニック状態になってしまったのだ(すでにしっかりとパニックしている)。
案の定というか意外にもというか私は泣いてしまった。
泣いたことに対しても泣いたんだった。

その顛末はと言えば、
父に助けを求めて、描くことが出来たのだった。
選考結果は入選にとどまったと記憶しています(親に限らず他人頼みはイケマセン)。
ということで、なんともその後を先取りしたような図画大会だった。

このような失敗ばかりが目につく60年だが、
ということで『1Q84』村上春樹を読んでみることにする。




[PR]
by jikugen | 2010-07-27 07:41 | 表具日記 | Comments(0)
佇まい
a0074879_7154474.jpg


a0074879_7181434.jpg

[PR]
by jikugen | 2010-07-26 08:02 | 表具日記 | Comments(0)
反省の体操
a0074879_621640.jpg



『「失敗」を予測しただけで私たちの身体運用能力は目に見えて低下する』

これは内田樹先生がその著 『 私の身体は頭がいい 』の中で語られている。
ハッとさせられる指摘です。

続けて引用します。

『私たちが「人前であがってしまって」自分の身体がどう動いているのか、
自分が何を関知しているのかよくわからなくなるという状態の極端なケースが
「居着き」である。
「失敗」を予測しただけで私たちの身体運用能力は目に見えて低下する。
まして、自分の生命身体が損なわれる可能性が切実なものであり、
「相手はどういうふうに攻撃してくるだろうか、どうすれば回避できるだろうか・・・・」
といった「危険予測」が意識を占領しているというような場合、
ふだんと同じように滑らかな身体を運用することはきわめて困難となる。

 このように、おのれの生命身体についての過度の気遣いが不安を昂進させ、
結果的に運動能力を低下させ、生命身体の危険がいっそう高まる。
この悪循環が「居着き」の構造である。』

結果的に次ぎの様にすすみます。

『武道において技術の完成を求めるものは、わが身を守り、敵を効果的に殺傷するという初発の動機そのものを放棄することによってしか技術的な限界を突破することができない。
武道における技術的完成は「勝つこと」を欲望する主体そのものの消滅を要請する。
これが武道の「自己否定」という逆説である。
それは武道がその起源においてみずからを「不祥之器」として認識した瞬間に刻印された。』


私は『体操』に繋げながら読んでいました。
例えば「鉄棒」には鉄棒の基本的な形稽古があります。
この基本運動の核心はは私を放棄することにあるのだろうと思う。
「私」が動かすのではなく、動かそうとする「私」の放棄。

と偉そうにいうこともないのですが
基本運動の主体は「私」にはなく「型」が運動を運ぶのだと思う。
とにかく私は基本的な型を大切だと思わなかったためにモノにならなかったので、
今頃反省しているトホホです(といっても45年程も昔のことですが)。





[PR]
by jikugen | 2010-07-25 07:44 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記
a0074879_7523961.jpg




a0074879_756578.jpg




a0074879_7563491.jpg



過去の文脈を変えるという発想は今までの私には無かったことだ。






[PR]
by jikugen | 2010-07-24 08:02 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記 マイセンを入れるためのマイセン額のための額
a0074879_710930.jpg


a0074879_7102548.jpg


磁器と楢材とのコラボレーション。
額の中に額というのは初めて創りました。
とは言え、ご依頼者は額の中に額とは思ってなくて、
額の中にマイセン、という捉え方をされています。
それでよろしいのだろうと思います。



[PR]
by jikugen | 2010-07-23 07:21 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記
a0074879_7264553.jpg


a0074879_7283648.jpg


a0074879_7271688.jpg


表具日記とは名ばかりになってしまいましたが
「表具屋の日記」と思っていただければ有り難いです。

火曜日の夜、合気道の稽古見学をと思っていたのですが
柔軟運動や受け身や足捌きを早速教えていただくことになりました。
筋肉痛が出るほどの運動量ではありませんでしたが
翌朝、身体が・・・・・・・・筋肉痛とは違うようなしかし筋肉痛でもあるような
40年振り(正しくは久々の)身体運動だったため、まるで初めてのような筋肉感を味わいました。
同時に頭が何となくスッキリした感じです。
身体運動の結果なのでしょうか。

内田樹先生の場合、合氣道の稽古の後は頭の回転が格段によくなる、だけでなく
思考が合気道的になるとのこと。
分からなくはないから不思議です。


[PR]
by jikugen | 2010-07-22 07:52 | 表具日記 | Comments(0)



尾道・表具         表具処 軸源           (店主 津口知幸)
リンク
カテゴリ
全体
表具
修復
掛け軸

屏風
衝立

パネル額
展覧会のご案内
表具日記
境界写真
境界物
尾道工業高校体操部
書道展のご案内
尾道
表具店
無題
扇子
扇子立て
巻子
掛軸・染み抜き
オリジナル扇子
俳句
ツイッター
最新の記事
掛軸の黴
at 2017-08-12 10:11
陶板額
at 2017-08-11 09:03
床の間と掛軸
at 2016-12-26 14:32
『鉄樹枝を抽(ぬき)んじ石樹..
at 2016-05-13 08:57
『鉄樹枝を抽(ぬき)んじ石樹..
at 2016-05-13 08:57
「ヴィヴィアン・マイヤーを探..
at 2016-01-12 18:18
山岡鉄舟の掛軸仕立て直し
at 2015-12-31 21:24
高校生絵のまち 尾道四季展
at 2015-12-24 12:52
表具処軸源のパンフレットが完..
at 2015-12-15 13:04
書「火花」パネル仕立て
at 2015-12-13 12:32
最新のコメント
> 田久 明様 お久し..
by jikugen at 10:22
ご無沙汰をしております。..
by 田久 明 at 08:01
有難うございます。 仰..
by jikugen at 18:59
リンクが正常になり良かっ..
by sho-doit at 17:13
こんにちは。 リンクの..
by jikugen at 12:10
こんばんは。コメントあり..
by jikugen at 00:36
こんばんは。 御無沙汰..
by sho-doit at 22:26
sho-doitさん、追..
by jikugen at 04:34
Sho-doitさん、コ..
by jikugen at 04:20
こんにちは!かなり前の記..
by sho-doit at 11:08
以前の記事
2017年 08月
2016年 12月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧