<   2010年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧
表具日記  ど忘れ  記憶は無くならない
a0074879_8132057.jpg




「健忘症」は記憶を呼び出せないだけ
本当に記憶がなくなってしまって、脳から消え去ってしまう場合は、
いわば病気で、「認知症」がそれにあたります。
健忘症の例に「アルコール健忘症」があります。
お酒を飲み過ぎて記憶が飛んでしまう症状です。
あくまでも健忘症であって、アルコール認知症とはいいません。
実際、アルコール成分が体内から消えれば、正常にもどります。
(脳はなにかと言い訳する 池谷裕二著)


記憶は無くならないという言葉は衝撃だった。

たとえ50数年前の記憶でさえ組変わる。







[PR]
by jikugen | 2010-08-31 08:34 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記    あまりにもリアルだった
a0074879_6141319.jpg




a0074879_6142579.jpg




とてもリアルでスリリングで情けなさの溢れた夢だった。
現実と切り結びたいのだけれど、居着いてしまった夢。





[PR]
by jikugen | 2010-08-30 06:39 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記   自分自身にかけた呪い
a0074879_6554316.jpg




「居着く」という武術用語を内田樹さんの本から知ったのですが
武術に限らない汎用性の高いものだと思う。
ここしばらくは「居着く」をめぐる身体旅行をしている。
因みに内田さんのブログ「被害者の呪い」から引用させてもらいますと、

『・・・・・略・・・・・・・

病とはある状態に「居着く」ことである。
私が言っているわけではない。柳生宗矩がそう言っているのである(澤庵禅師も言っている)。
「こだわる」というのは文字通り「居着く」ことである。
「プライドを持つ」というのも、「理想我」に居着くことである。
「被害者意識を持つ」というのは、「弱者である私」に居着くことである。
「強大な何か」によって私は自由を失い、可能性の開花を阻まれ、「自分らしくあること」を許されていない、という文型で自分の現状を一度説明してしまった人間は、その説明に「居着く」ことになる。
もし「私」がこの説明を足がかりにして、何らかの行動を起こし、自由を回復し、可能性を開花させ、「自分らしさ」を実現した場合、その「強大なる何か」は別にそれほど強大ではなかったということになる。
これは前件に背馳する。
それゆえ、一度この説明を採用した人間は、自分の「自己回復」のすべての努力がことごとく水泡に帰すほどに「強大なる何か」が強大であり、遍在的であり、全能であることを無意識のうちに願うようになる。
自分の不幸を説明する仮説の正しさを証明することに熱中しているうちに、その人は「自分がどのような手段によっても救済されることがないほどに不幸である」ことを願うようになる。
自分の不幸を代償にして、自分の仮説の正しさを購うというのは、私の眼にはあまり有利なバーゲンのようには思われないが、現実にはきわめて多くの人々がこの「悪魔の取り引き」に応じてしまう。
「被害者である私」という名乗りを一度行った人は、その名乗りの「正しさ」を証明するために、そのあとどのような救済措置によっても、あるいは自助努力によっても、「失ったもの」を回復できないほどに深く傷つき、損なわれたことを繰り返し証明する義務に「居着く」ことになる。
もし、すみやかな救済措置や、気分の切り換えで「被害」の傷跡が癒えるようであれば、それは「被害者」の名乗りに背馳するからである。
「私はどのような手だてによっても癒されることのない深い傷を負っている」という宣言は、たしかにまわりの人々を絶句させるし、「加害者」に対するさまざまな「権利回復要求」を正当化するだろう。
けれども、その相対的「優位性」は「私は永遠に苦しむであろう」という自己呪縛の代償として獲得されたものなのである。
「自分自身にかけた呪い」の強さを人々はあまりに軽んじている。』


身覚えのある「居着き」とともに60年近く生きてきたし
この辺で晴れ晴れと生きたいものだ。
[PR]
by jikugen | 2010-08-29 06:57 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記 理屈で空は飛べない
a0074879_642553.jpg




理屈で体操をしてたな、と起きがけの布団の上で思った。
理屈はイメージすることから遠い。
勘も理屈からは遠い。

とどかないものの謂い。
憧れ。
体操に抱いていた憧れは
宙に浮くことへの憧れに似ていた。

理屈で空は飛べない。



[PR]
by jikugen | 2010-08-28 07:09 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記
a0074879_829871.jpg

[PR]
by jikugen | 2010-08-27 08:33 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記 管茶山タイムリーというかシンクロしているというか
a0074879_6514396.jpg



表具の仕立て直しをする前に調べるべき事としてあった管茶山と西山拙齋との関係が
この『管茶山の世界』という新刊本に書かれてありました。
「管茶山関係書籍発刊委員会・編集」ということです。

何も知らないというか有り難いというか
私にとって捜していた当のモノの見事なまでの発刊でした。
見ると2009・12・15 初版第1刷発行となっていますが、
私にとっては今、今必要な書籍です。
2009年12月15日から2010年8月24日までの間、
その本屋のその場所は何度も何度も立ち止まったり通り過ぎたりしていたにもかかわらず今見つかった。

8月31日に府中の慶照寺の御院さんに、
管茶山と西山拙齋の交友関係についてレクチャーしていただくことになっていましたので、少し予習ができます。
タイムリーというかシンクロしているというか。

ナント、
あれば嬉しいと思っていた管茶山交友関係図まで載ってありました。

店員さんに、この本がいつからこの場所に在ったのか今度行ったら聞いておこう。

PS
素人の私がいうのもナンですが、管茶山の書は素晴らしい。
このような書を書く管茶山とはどんな人だったのか興味を持って読めるのは
ホントに有り難い。





[PR]
by jikugen | 2010-08-26 07:25 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記
a0074879_815567.jpg




腕を動かそうとした時、腕が動くより前に動いたと感じる。
その後に腕を動かす指令がある。
とても感慨深い事実です。



地球上の生命の中で、本能の枠内でのみ動く生物に対して
他の生物とは異なる振る舞いをする人間の様な生物の出現も、
地球上生物の生き延びるための多様性ということなのだろうか。






[PR]
by jikugen | 2010-08-25 08:14 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記   よく見ること
a0074879_7201216.jpg




宮沢賢治も『雨ニモマケズ』の中で

ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ

と書いているように
よく見ることよく聞くことは何につけ大切なことだ

しかしよく見よく聞いて解ったあとは
忘れてもいいじゃないかと思うけれど
よく解ったことは忘れることはないのだろうか
最近は忘れることばかりだ・・とほほです。




ジブンノコトハカンジョウニイレズ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ







[PR]
by jikugen | 2010-08-24 07:37 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記   まだ見ぬ表具
a0074879_71821.jpg



a0074879_7181463.jpg







まだ見ぬ表具に照準を合わせる。
まだ見ぬ表具への勘をこそ養うことが肝要だ。






[PR]
by jikugen | 2010-08-23 07:27 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記 蹴上がりと万年筆
a0074879_823592.jpg



中学1年の時、4,5ヶ月かけて成就した蹴上がりは
訳の解らない技として出現した驚きが大きな原動力になっていたと思う。
こんな訳の解らない動きである蹴上がりに対する畏怖のようなもの。
無我夢中で挑むことで開かれた勘との通路に導かれた数ヶ月だったと思う。

学生服の胸ポケットに挟んだまま蹴上がりを練習したために
中学の入学記念に買ってもらったトルコブルーのセーラー万年筆が折れてしまった。
50年ほど昔の入学記念品といえば万年筆がトップだったのではないかなあ。





[PR]
by jikugen | 2010-08-22 08:45 | 表具日記 | Comments(0)



尾道・表具         表具処 軸源           (店主 津口知幸)
リンク
カテゴリ
全体
表具
修復
掛け軸

屏風
衝立

パネル額
展覧会のご案内
表具日記
境界写真
境界物
尾道工業高校体操部
書道展のご案内
尾道
表具店
無題
扇子
扇子立て
巻子
掛軸・染み抜き
オリジナル扇子
俳句
ツイッター
最新の記事
表具と扇子
at 2017-10-06 08:14
掛軸の黴
at 2017-08-12 10:11
陶板額
at 2017-08-11 09:03
床の間と掛軸
at 2016-12-26 14:32
『鉄樹枝を抽(ぬき)んじ石樹..
at 2016-05-13 08:57
『鉄樹枝を抽(ぬき)んじ石樹..
at 2016-05-13 08:57
「ヴィヴィアン・マイヤーを探..
at 2016-01-12 18:18
山岡鉄舟の掛軸仕立て直し
at 2015-12-31 21:24
高校生絵のまち 尾道四季展
at 2015-12-24 12:52
表具処軸源のパンフレットが完..
at 2015-12-15 13:04
最新のコメント
> 田久 明様 お久し..
by jikugen at 10:22
ご無沙汰をしております。..
by 田久 明 at 08:01
有難うございます。 仰..
by jikugen at 18:59
リンクが正常になり良かっ..
by sho-doit at 17:13
こんにちは。 リンクの..
by jikugen at 12:10
こんばんは。コメントあり..
by jikugen at 00:36
こんばんは。 御無沙汰..
by sho-doit at 22:26
sho-doitさん、追..
by jikugen at 04:34
Sho-doitさん、コ..
by jikugen at 04:20
こんにちは!かなり前の記..
by sho-doit at 11:08
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2016年 12月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧