<   2010年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧
表具日記  日本の書展・広島
a0074879_7255110.jpg




今日から10月5日まで『日本の書展』が広島駅前の福屋で開かれる。
昨日書作品の搬入のついでに長男・長女も同伴。
搬入を済ませて繁華街をぶらぶら。
広島市は100万都市だけど、この100万人という数は色んな要素の組み合わせでもあることを実感した。
本通りを歩く人たちはお互いの存在に反応し合って「本通り」が連鎖反応的な発火を生んでいると思った。
私も通行人の一人として発火していたと思う。
100万人・・・・・。





[PR]
by jikugen | 2010-09-30 07:45 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記   車のドアと衝突
a0074879_4115081.jpg





段ボールを捨て終わって、車の後ろのドアを勢いよく閉めたらドアの角とあたしの頭とが出会ってしまった。
見つめ合うひまもなく対角線衝突で1針縫合。
禿頭への術後テープが10㎝X10㎝もあって目立つのなんのって、あたしゃやだよ。





[PR]
by jikugen | 2010-09-29 04:20 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記   目から鱗の「擬態」
a0074879_7302347.jpg



擬態は擬態する生物の「意思」ではなく、特に昆虫は環境の変化によって短期間で遺伝子変化が起き易く、その結果環境に似た形・色・匂いなどを持つ種が捕獲されにくかったため生き残ったということらしい。
何億年もの時間の積み重ねが「擬態」の摩訶不思議さなのだと。

とにかく「意思」ではないというところがミソだ。

目から鱗。








[PR]
by jikugen | 2010-09-28 07:57 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記 なぜ、その子供は腕のない絵を描いたか
a0074879_7115184.jpg




a0074879_712173.jpg




「なぜ、その子供は腕のない絵を描いたか」藤原智美著 祥伝社文庫

本屋でつい手に取っていた。
読み始めたばっかりなので何とも言えませんが
幼稚園児の描く、腕のない絵・丸い川・四角い川・あるいは三角形が描けない・・・。
この様な現実は何を物語っているのだろうか、とても気になります。
腕を描き忘れる・・・脳障害で起こる半側空間無視を思い出しました。
この様な絵を描く幼稚園児が脳障害であるのではない。
全国的にこの様な絵を描く幼稚園児が増えてきているそうなのだ。





[PR]
by jikugen | 2010-09-27 07:30 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記 秋のお祭り 注連縄(しめなわ)
a0074879_75558.jpg
a0074879_762618.jpg



今日は向島町の亀森八幡神社の秋のお祭り。

藁で縒った縄に稲妻状に切った紙垂を下げた注連縄を、神社を取り囲む氏子の家々を取り囲む様に張り巡らせる。
この注連縄は稲に稲妻が当たっている状況を表し、豊作を祈念したものなのだそうだ。
では、なぜ稲妻なのか?を池内了(宇宙物理学者)が『大気を変える錬金術』T・ヘイガーの書評(2010年7月18日・読売新聞)で書いている。

『ではなぜ稲妻なのか?
雷に伴う雨を表現するとともに、稲妻によって大気中の窒素が植物に取り込める形に変わってイネの生育を助けることを人々は知っていたのだ。
すべての生物にとって窒素は体を形成する重要な元素でありながら、普通は空気中に気体としてしか存在せず、直接利用できない。
気体の窒素をいかに生物が吸収しやすい固体に変えるか、』に情熱を傾けた二人の物語が『大気を変える錬金術』なのだそうだ。

たまたま手元にあった読売新聞の注連縄関連書評でした。(^-^ヽ)









[PR]
by jikugen | 2010-09-26 07:32 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記  
a0074879_734971.jpg

[PR]
by jikugen | 2010-09-26 07:04 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記   表具用揉み紙 大倉揉み
a0074879_1016183.jpg




会社の応接室のテーブル敷として表具用の揉み紙「大倉揉み」を提案し
表面加工-2遍裏打ちを施し、今しがた納品してきました。
この写真がその様子です。
この揉み紙の上にガラスを置きます。

泥を漉き込んだ表具用和紙・大倉揉みを敷いた応接室です。






[PR]
by jikugen | 2010-09-25 10:35 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記   生まれいずる苦悩を引き受ける
a0074879_7030100.jpg



a0074879_704726.jpg



『新潮45』10月号の鼎談で名越康文さんの発言がとてもおもしろかった。

『臨床の世界で、ほとんどの病気の根本は、人間が直立歩行していることが原因であるという説があるんですよ。人間が直立したときに、身体と精神の間のどうしようもない乖離が生まれた。でも逆に言えば、身体が不自由で思うようにならないから、精神は身体に従属することから自由になったとも言える。で、人間はこの精神と身体の乖離に悩むんだけども、再び四足の生活には決して戻りたくはない。はヒトに全能感をもたらした・・・・・・・』

その説を受けての内田樹さんの発言がまたおもしろい。

[PR]
by jikugen | 2010-09-24 07:28 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記   満月
a0074879_4275374.jpg


a0074879_4291211.jpg



雷が鳴り始め
雨が激しくなってきた。



そういえば夜中、うなされてると長男がおこしてくれた。
怖い夢を見ていたので有り難かった。
何の夢だか忘れてしまった。


地球における生命は、個体である地と、気体である大気と、液体である海と、
これら物質の三態を併せ持っている不思議なあり方をしている。
私たちは固体でも気体でも液体でもないあり方として存在している。











[PR]
by jikugen | 2010-09-23 04:35 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記  邪悪なものの鎮め方
a0074879_11322816.jpg
                    a・menbou



『邪悪なものの鎮め方』内田樹著のまえがきは何度読んでも、いや読めば読むほどに
人間の知が凝縮されていると感じる。

1・ディセンシー(礼儀正しさ)

2・身体感度の高さ

3・オープンマインド

この3っつの要素が足りなかったり過剰であったりしながら世の中をまわる。
恥ずかしいけれどどれも大きく足らない。
60にして足らずを知る。(^^;)






[PR]
by jikugen | 2010-09-22 11:33 | 表具日記 | Comments(0)



尾道・表具         表具処 軸源           (店主 津口知幸)
リンク
カテゴリ
全体
表具
修復
掛け軸

屏風
衝立

パネル額
展覧会のご案内
表具日記
境界写真
境界物
尾道工業高校体操部
書道展のご案内
尾道
表具店
無題
扇子
扇子立て
巻子
掛軸・染み抜き
オリジナル扇子
俳句
ツイッター
最新の記事
掛軸の黴
at 2017-08-12 10:11
陶板額
at 2017-08-11 09:03
床の間と掛軸
at 2016-12-26 14:32
『鉄樹枝を抽(ぬき)んじ石樹..
at 2016-05-13 08:57
『鉄樹枝を抽(ぬき)んじ石樹..
at 2016-05-13 08:57
「ヴィヴィアン・マイヤーを探..
at 2016-01-12 18:18
山岡鉄舟の掛軸仕立て直し
at 2015-12-31 21:24
高校生絵のまち 尾道四季展
at 2015-12-24 12:52
表具処軸源のパンフレットが完..
at 2015-12-15 13:04
書「火花」パネル仕立て
at 2015-12-13 12:32
最新のコメント
> 田久 明様 お久し..
by jikugen at 10:22
ご無沙汰をしております。..
by 田久 明 at 08:01
有難うございます。 仰..
by jikugen at 18:59
リンクが正常になり良かっ..
by sho-doit at 17:13
こんにちは。 リンクの..
by jikugen at 12:10
こんばんは。コメントあり..
by jikugen at 00:36
こんばんは。 御無沙汰..
by sho-doit at 22:26
sho-doitさん、追..
by jikugen at 04:34
Sho-doitさん、コ..
by jikugen at 04:20
こんにちは!かなり前の記..
by sho-doit at 11:08
以前の記事
2017年 08月
2016年 12月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧