<   2015年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧
『百日のときに着た着物を掛け軸に仕立てました。』

こんにちは。
広島県尾道市の表具店・表具処軸源です。
本日のご案内は『百日のときに着た着物を掛け軸に仕立てました。』です。
a0074879_09152178.jpg

『桃桜白髪の雛もあらまほし』蓼太
少し前の仕事ですがご紹介します。御依頼主が百日のお祝いの時に着た着物です。
中回しの裂地が百日の時の着物です。
天地はわたしが集めていた着物を使いました。
中回しが派手なので一文字は付けず中風袋にしました。

『桃桜白髪の雛もあらまほし』蓼太(りょうた)    
 大島蓼太 1718~1787信州伊那郡大島村の人。御用縫物師。              
 江戸中後期の俳諧師。二世雪中庵に学ぶ。                           
 後に三世雪中庵となり、芭蕉復帰を唱え天明の復興に寄与する。                
 門人3000人といわれた。                                                                『世の中は三日見ぬ間に桜かな』の句がある。(ウィキペディアより) 

書は尾道市在住の書家・中本桃水先生です。                                                            明日は着物を使っった様々な表具のご案内を予定しております。



掛け軸の表装・額の表装・額・屏風の表装・衝立の表装・巻子・帖・襖など表装・表具一式を扱っております。
身近な修復では色紙の染み抜きは大変好評をいただいております。
そして数百年を経た古書画の修復は古さを残した洗いに心掛け,
代々まで伝えていく表具を提供したいと考えています。
またオーダーによる各種表装・表具のデザインは1980年頃からまだ見ぬクオリアをめざし、
取り組んできました。
それらはブログによる「表具日記」で継続的にご紹介してきております。

『扇子deかなめ』
軸源のオリジナル商品・扇子飾り具「かなめ」を発売中でございます。
「かなめ」は「扇子展示」や「扇子展」で検索いただけます。
扇子は日本の発明です。
オリジナル扇子で扇子世界を楽しみませんか!

「扇子をピタッと  ピタッとかなめ」

見積もりなどお気軽にお問い合わせください。
パンフレットもご用意いたしております。
722-0062 尾道市向東町1222-50☎︎ 0848-44-2249(📠兼用)
表具処 軸源ホームページ  こちらからどうぞ⇒jikugen.jp



[PR]
by jikugen | 2015-01-31 09:32 | 掛け軸 | Comments(0)
表具としての扇子立て ・扇子展示具・扇子/ スタンドタイプ(L型銅板)のご紹介


a0074879_13041736.jpg


こんにちは広島県尾道市の表具処軸源です。本日のご紹介はスタンドタイプの扇子立てです。素材は銅版でL型成型に曲げ加工しております。かな書用に料紙加工された扇面紙に書かれたかな書と扇子をよりいっそうの優美さを演出するため「班紋純銀色」と名づけられた銅板によるスタンドタイプの扇子立てをえらんでみました。銅板による重厚さは民芸調に設えた部屋の雰囲気を損なうことなくよくマッチしているように感じます。この銅板を使った扇子飾り具「かなめ」のスタンドタイプは三種類の色調をご用意しております。



a0074879_13300613.jpg
商品のご案内を申し上げます。銅製品のL型扇子立て、スタンドタイプ三点は左から「班紋茶褐色」中央は「班紋純銀色」右は「班紋黒染色」となっております。また扇子留め具は4種類のポリカーボネイト製・ナラ材の中からし組み合わせる事ができます。着物や染色作品、古布などを扇子に仕立て、本日ご紹介いたしました軸源のオリジナル扇子立てとセットで母の日のプレゼントにいかがでしょうか。扇子仕立てのご用命も承っております。お気軽にお問い合わせください。サプライズ間違いなしです。


[PR]
by jikugen | 2015-01-30 09:08 | 扇子立て | Comments(0)
『こころふとかよへり風の青すだれ』木下夕爾   扇子展示具・床の間タイプのご案内です。
a0074879_13271254.jpg

1200X230x15(㎜)




こんにちは広島県尾道市の表具処軸源です。
軸源のオリジナル扇子飾り具「かなめ」のご案内をさせて頂きます。
展示台は中央がナラ材で両サイドはチーク材です。扇子留め具はナラ材です。






a0074879_13272152.jpg

『こころふとかよへり風の青すだれ』木下夕爾




胡粉を主体とした料紙の左上方から右下方に向けて、風に吹かれて揺れるすだれの流れが極薄い青色の混ざった雲母によって描かれています。まさに風の青すだれです。とても清々しい涼風が扇面の中を吹いています。俳句をこのように右から横書きされると、一字一字をくぎりながら読んでしまいます。すると印刷文字や縦書きで読む俳句では感じたことのないような情景が浮かんできます。
これはまさに三舟先生の洒脱なセンスによるものだなと唸ってしまいます。
『こころ
ふとかよへり風の青すだれ』
難しいことばを使っているのではないのに複雑な雰囲気がある句だと思います。
なぜそう感じるのだろうか。
部屋の中にいるわたしのところに風は吹いてはいないが、ふと見ればすだれが揺れている。

それだけで涼しさを覚えているわたしがいる。

わずかな視覚からも涼しさを覚える日本の感性だ。

掛け軸の表装・額の表装・額・屏風の表装・衝立の表装・巻子・帖・襖など表装・表具一式を扱っております。
身近な修復では色紙の染み抜きは大変好評をいただいております。
そして数百年を経た古書画の修復は古さを残した洗いに心掛け,
代々まで伝えていく表具を提供したいと考えています。
またオーダーによる各種表装・表具のデザインは1980年頃からまだ見ぬクオリアをめざし、
取り組んできました。
それらはブログによる「表具日記」で継続的にご紹介してきております。
今年から当店のオリジナル商品・扇子飾り具「かなめ」を発売中でございます。
「かなめ」は「扇子展示」や「扇子展」で検索いただけます。
見積もりなどお気軽にお問い合わせください。
お待ちいたしております。
722-0062 尾道市向東町1222-50☎︎ 0848-44-2249(📠兼用)
表具処 軸源ホームページ  こちらからどうぞ⇒jikugen.jp
[PR]
by jikugen | 2015-01-29 13:58 | 扇子立て | Comments(0)
表具としての扇子の飾り方・扇子展示具・扇子/   簡単便利で見た目すっきり
おはようございます広島県尾道市の表具処軸源です。本日は軸源のオリジナル商品の扇子飾り具「かなめ」のシンプルで便利な扇子の飾り方をご紹介いたします。


壁に二つの押しピンを取り付けます。
a0074879_13044777.jpg


ご紹介の扇子留め具「かなめ」です。素材はポリカーボネイト製です。扇型の留め具の両サイドの裏側に小さくても強力なネオジウムを埋設してあります。
a0074879_13045469.jpg


五本骨の飾り扇子に仕立てた染色作品です。扇子留め具「かなめ」を扇子の両端の隙間に嵌め込み壁面の押しピンに磁着させます。
a0074879_13050284.jpg


留め具部分を拡大した写真です。
a0074879_13051047.jpg


再度全体写真をご覧ください。
a0074879_13050284.jpg



扇子留め具「かなめ」だけで簡単便利でシンプルな扇子の飾り方のご案内でした。扇子留め具「かなめ」には透明をふくめて四色があり、目す意ではナラ材を使った留め具もご用意しております。一枚の扇子を飾るだけではなく数十枚の扇子展示も扇子を傷つけることなく簡単に確実に飾付ができます。


掛け軸の表装・額の表装・額・屏風の表装・衝立の表装・巻子・帖・襖など表装・表具一式を扱っております。
身近な修復では色紙の染み抜きは大変好評をいただいております。
そして数百年を経た古書画の修復は古さを残した洗いに心掛け,
代々まで伝えていく表具を提供したいと考えています。
またオーダーによる各種表装・表具のデザインは1980年頃からまだ見ぬクオリアをめざし、
取り組んできました。
それらはブログによる「表具日記」で継続的にご紹介してきております。

『扇子をぴたっと  かなめでdeピタッと』

今年から当店のオリジナル商品・扇子飾り具「かなめ」を発売中でございます。
「かなめ」は「扇子展示」や「扇子展」で検索いただけます。
見積もりなどお気軽にお問い合わせください。
お待ちいたしております。
722-0062 尾道市向東町1222-50☎︎ 0848-44-2249(📠兼用)
表具処 軸源ホームページ  こちらからどうぞ⇒jikugen.jp
[PR]
by jikugen | 2015-01-28 09:22 | 扇子立て | Comments(0)
『ゆさゆさと桜もてくる月夜かな』鈴木道彦/ 扇子展示具・扇子立て/ 床の間タイプのご案内です。
a0074879_13034880.png
『ゆさゆさと桜もてくる月夜かな』鈴木道彦


こんにちは。
広島県尾道市の表具店・表具処軸源です。
本日のご案内は、昨日と同様の軸源のオリジナル商品・扇子飾り具「かなめ」の床の間タイプです。パンフレットで撮影に使わせていただいた床の間に掛けられた「かなめ」です。
この床の間タイプ・扇子飾り具「かなめ」の素材は扇子展示台と扇子留め具ともにナラ材を使っています。

『ゆさゆさと桜もてくる月夜かな』鈴木道彦
a0074879_11162923.jpg


かな書は尾道市の書家・中本桃水先生です。
「ゆさゆさと大枝揺るるさくらかな」のキャプションは『ゆさゆさと桜もてくる月夜かな』では、という柔らかなご指摘を宇治の伊藤様より頂いておりました。確かに、伊藤様のご指摘どおり『ゆさゆさと桜もてくる月夜かな』鈴木道彦でした。遅まきながら訂正いたしました。様々な方にご迷惑をお掛けいたしたのではないでしょうか。申し訳ございませんでした。以後気を付ける所存でございますので、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。


月夜、満開の桜は花びらを散らせることなく咲ききっている。
「ゆさゆさと」という語は月夜に照らし出された満開の桜の有り様を言い当てている。
ほんのり薄桃色に染められた扇面の左右下方には桜の花びらを思わせる金銀の切箔が配されている。
扇面の上方にゆったりとした中に激しさをもって書かれた書は五間の飾り扇子の空間と響きあい、この俳句の大きさが演出されているように思える。



掛け軸の表装・額の表装・額・屏風の表装・衝立の表装・巻子・帖・襖など表装・表具一式を扱っております。
身近な修復では色紙の染み抜きは大変好評をいただいております。
そして数百年を経た古書画の修復は古さを残した洗いに心掛け,
代々まで伝えていく表具を提供したいと考えています。
またオーダーによる各種表装・表具のデザインは1980年頃からまだ見ぬクオリアをめざし、
取り組んできました。
それらはブログによる「表具日記」で継続的にご紹介してきております。

『扇子deかなめ』
軸源ののオリジナル商品・扇子飾り具「かなめ」を発売中でございます。
「かなめ」は「扇子展示」や「扇子展」で検索いただけます。
扇子は日本の発明です。
オリジナル扇子で扇子を楽しんでみませんか・
見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

「扇子をピタッと  ピタッとかなめ」

お待ちいたしております。
722-0062 尾道市向東町1222-50☎︎ 0848-44-2249(📠兼用)
表具処 軸源ホームページ  こちらからどうぞ⇒jikugen.jp

[PR]
by jikugen | 2015-01-27 13:23 | 扇子立て | Comments(0)
表具としての扇子飾り具・扇子・扇子立て 床の間タイプのご紹介
こんにちは広島県尾道市の表具処軸源です。本日は昨日に引き続きまして軸源オリジナル商品のご案内をさせていただきます。軸源は書道展で掛け軸や額などの表装とともに扇子の展示にも関わってまいりました。特にかな書道では五本骨や十本骨の飾り扇子に仕立てたかな書が多く、社中展の合同作品として壁面に数十本の扇子を展示することも数多くありました。押しピンや針釘で壁扇子を取り付けるのは扇子を傷つけないように特段の注意が必要ですが、見た目に美しいものではありません。押しピンや針釘ではかな書道の繊細さと扇子の優美さが損なわれると感じてきました。もう少し良い方法は無いだろうかと思ってきました。また、展示の後、家に持ち帰っても飾らないままでいるのは扇子立ての選択肢が少ないことも要因のひとつではないだろうかと感じていました。本日のご案内は床の間や壁面の展示の為の飾具です。昨日と同様に素材は展示台・留め具ともにナラ材を使っています。
a0074879_12490059.jpg

a0074879_12491056.jpg
『風上に白鳥あそび年立てり』宮津昭彦 かな書は福山の書道家・河村ひさ舟さんです。新築のお祝いとして扇子と扇子飾り具「かなめ」とのセットで御購入いただきました。


掛け軸の表装・額の表装・額・屏風の表装・衝立の表装・巻子・帖・襖など表装・表具一式を扱っております。
身近な修復では色紙の染み抜きは大変好評をいただいております。
そして数百年を経た古書画の修復は古さを残した洗いに心掛け,
代々まで伝えていく表具を提供したいと考えています。
またオーダーによる各種表装・表具のデザインは1980年頃からまだ見ぬクオリアをめざし、
取り組んできました。
それらはブログによる「表具日記」で継続的にご紹介してきております。
今年から当店のオリジナル商品・扇子飾り具「かなめ」を発売中でございます。
「かなめ」は「扇子展示」や「扇子展」で検索いただけます。
見積もりなどお気軽にお問い合わせください。
お待ちいたしております。
722-0062 尾道市向東町1222-50☎︎ 0848-44-2249(📠兼用)
表具処 軸源ホームページ  こちらからどうぞ⇒jikugen.jp


[PR]
by jikugen | 2015-01-26 13:25 | 扇子立て | Comments(0)
表具としての扇子立て・扇子展示具・扇子展・扇子/   床の間タイプのご案内です
こんにちは広島県尾道市の表具処軸源です。本日は扇子飾り具「かなめ」の床の間タイプのご案内をいたします。大きさは1200X230x13㎜。素材は扇子展示板・扇子留め具ともにナラ材を使用しています。

a0074879_13070648.jpg



a0074879_13073459.jpg
扇子は五間の飾り扇子です。『ぜんまいののの字ばかりの寂光土』川端茅舎。書は河村ひさ舟さんです。新築や増改築などのお祝いとしてお勧めの一品です。
[PR]
by jikugen | 2015-01-25 13:21 | 扇子立て | Comments(0)
屏風の紹介   ウレタン樹脂艶消し塗装 パネル仕様
a0074879_19163944.jpg


こんにちは広島県尾道市の表具処軸源の津口です。(本日は扇子展示具のご案内ではありません(^^)

本日は屏風を納品してきました。25年くらい前に創った軸源のオリジナル屏風です。本紙の汚れや酸化によるくすみをとり除いて仕立て直しました。写真がいけませんね。反省です。
尾道の書家・中本桃水先生の書です。
「雪月花一度に見する卯木かな」松永貞徳(1571~1654)
俳句グループ「船団の会」(代表・坪内捻典)の解説によりますと、
『「雪月花」は詩歌の三大景物。それを一度に見せてくれるのが卯木(うつぎ)だ、という句。卯木は卯の花だが、花が白いので雪、名のうつぎは卯月に通じるので月、そして花そのものである。謎解きのような句だが、これが俳諧の基本のかたちであった』
470年ほど前の俳句とは思えないのは何故なんでしょう。 
現代に生きる書家がこの句に惹かれ、書いた結果を僕たちは見ている。
470年前の人と現在の人とが同じように感じることが過去との隔たりを無くすのだろう。
 屏風はウレタン樹脂艶消し塗装です。
左右のパネルの丁番に形成された凹凸がそれぞれ嵌まり込むことで開閉自在となっております。
(重いのが問題なのですが、重厚長大的な時代を感じます)


[PR]
by jikugen | 2015-01-24 19:39 | 屏風 | Comments(0)
表具としての扇子飾り具・扇子・扇子立て 床の間タイプのご紹介
こんにちは広島県尾道市の表具処軸源の津口です。本日ご紹介します扇子飾り具「かなめ」は展示台がアルマイト板とナラ材を組み合わせたものです。和風と洋風どちらでもOKです。もちろん床の間に限定されるものではなく玄関先や少し広めの平面空間があればとてもおしゃれな演出を楽しめます。扇子留め具はナラ材です。和と用のマッチングによる扇子飾り具です。これはパンフレットに掲載しておりませんが商品のひとつです。お気軽にお問い合わせくださいませ。価格は30000円です。
a0074879_13010018.jpg

[PR]
by jikugen | 2015-01-23 13:16 | 扇子立て | Comments(0)
扇子・表具としての扇子立て  銅板焼付け着色によるスタンドタイプ
a0074879_15140619.jpg
こんにちは広島県尾道市の表具処軸源の津口です。
大阪駅のすぐ近くにあるピアスタワーの2Fピアスギャラリーで催された朱月社展の会場に飾られました。
度展示台は銅板の焼付け着色によるスタンドタイプです。
扇子留め具は半透明のポリカーボネイト製です。
どっしりとした趣きは銅板と銅板の焼き付け着色の醸し出すテクスチャーによるものです。
そして部分意匠登録を取得した留め具が扇子を揺らいだりすることピタリと飾付けます。

[PR]
by jikugen | 2015-01-22 15:24 | 扇子立て | Comments(0)



尾道・表具         表具処 軸源           (店主 津口知幸)
リンク
カテゴリ
全体
表具
修復
掛け軸

屏風
衝立

パネル額
展覧会のご案内
表具日記
境界写真
境界物
尾道工業高校体操部
書道展のご案内
尾道
表具店
無題
扇子
扇子立て
巻子
掛軸・染み抜き
オリジナル扇子
俳句
ツイッター
最新の記事
掛軸の黴
at 2017-08-12 10:11
陶板額
at 2017-08-11 09:03
床の間と掛軸
at 2016-12-26 14:32
『鉄樹枝を抽(ぬき)んじ石樹..
at 2016-05-13 08:57
『鉄樹枝を抽(ぬき)んじ石樹..
at 2016-05-13 08:57
「ヴィヴィアン・マイヤーを探..
at 2016-01-12 18:18
山岡鉄舟の掛軸仕立て直し
at 2015-12-31 21:24
高校生絵のまち 尾道四季展
at 2015-12-24 12:52
表具処軸源のパンフレットが完..
at 2015-12-15 13:04
書「火花」パネル仕立て
at 2015-12-13 12:32
最新のコメント
> 田久 明様 お久し..
by jikugen at 10:22
ご無沙汰をしております。..
by 田久 明 at 08:01
有難うございます。 仰..
by jikugen at 18:59
リンクが正常になり良かっ..
by sho-doit at 17:13
こんにちは。 リンクの..
by jikugen at 12:10
こんばんは。コメントあり..
by jikugen at 00:36
こんばんは。 御無沙汰..
by sho-doit at 22:26
sho-doitさん、追..
by jikugen at 04:34
Sho-doitさん、コ..
by jikugen at 04:20
こんにちは!かなり前の記..
by sho-doit at 11:08
以前の記事
2017年 08月
2016年 12月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧