ドイツ・ハノーバー市からのお便り

こんにちは。
広島県尾道市の表具店/表具処軸源です。

本日のご案内は扇子展示具です。

ドイツ・ハノーバー市のHer・Peter・Brauer(ブラウエル氏)から送られてきた写真のご案内です。

ブラウエル氏は今年の2月、ブログの扇子の飾り方でご紹介させて頂きました
そのハノーバー市で軸源の扇子展示具がこのようなアイディアで使われているというのは
とても嬉しいですね。
ブラウエル氏さんありがとうございます。
a0074879_19295318.jpg
a0074879_19293759.jpg
a0074879_19294550.jpg
a0074879_19292718.jpg
この写真はクリスマスの時の飾付けなんだそうです。いやー嬉しい限りです。
a0074879_19284259.jpg
a0074879_19285048.jpg
この写真はブラウエル氏ご本人が当店の扇子展示具/銅板・スタンドタイプの裏にLEDライトを取り付けられたのだそうです。裏からの光で扇子を浮き上がらせるという発想は日本にはないのではないかと思います。
a0074879_14110474.jpg
このような感じで扇子は浮き上がります。おしゃれですね。
a0074879_19595447.jpg
ブラウエル氏の日本情緒。
a0074879_20000092.jpg
右端の男性がHerr/Peter/Brauer(ブラウエル氏・元エンジニアだそうです)です。左端の日本男性は酒井商店の社長さんでしょうか?左から二番目の男性はハノーバー市長。・中央の女性は日本でいうところの県知事だそうです。ハノーバー市と広島市は姉妹都市にあるそうなので、そのイベントの開会式でしょうか。
この写真はブラウエル氏と親しくお付き合いされている広島市の西田医院・西田先生ご夫妻からいただいたものです。



掛け軸の表装・額の表装・額・屏風の表装・衝立の表装・巻子・帖・襖など表装・表具一式。
身近な修復では色紙の染み抜きから数百年を経た古書画の修復まで。
またオーダーによる各種表装・表具のデザインまで幅広く取り組んでおります。
当店のオリジナル商品・扇子飾り具「かなめ」発売中です。
「扇子展示」や「扇子展」で検索いただけます。
722-0062 尾道市向東町1222-50
☎︎ 0848-44-2249(📠兼用)
表具処 軸源
[PR]
# by jikugen | 2015-07-13 19:53 | 扇子 | Comments(0)
表具処軸源の表具展  尾道・画廊喫茶孔雀荘にて
こんにちは。
広島県尾道市の表具店/表具処軸源です。
本日のご案内は12年前の7月に催しました軸源表具展の記事です。
二代目孔雀荘では1回目のオリジナル・フレームシリーズ展だったように思います。

今思えば、えっ、12年も前のことなのかと感慨深いものがあります。
10年一昔といいますが12年、干支が一回りしたということです。
この写真は尾道の新聞社「山陽日々新聞社」さんが取材し記事にして下さった時のものです。
写真右の二本の屏風はそれぞれ違う色の尾道帆布を使って、蝶番もそれぞれ変えて仕立てたものです。
当時、帆布がクローズアップされ始めた頃でした。
表具屋だったら尾道帆布はこう使う!
というアピールの意味を込めての仕事でした。
「工房尾道帆布」は質実共に全国にその名を知られる存在になりました。
a0074879_20104994.jpg



掛け軸の表装・額の表装・額・屏風の表装・衝立の表装・巻子・帖・襖など表装・表具一式。
身近な修復では色紙の染み抜きから数百年を経た古書画の修復まで。
またオーダーによる各種表装・表具のデザインまで幅広く取り組んでおります。
当店のオリジナル商品・扇子飾り具「かなめ」発売中です。
「扇子展示」や「扇子展」で検索いただけます。
722-0062 尾道市向東町1222-50
☎︎ 0848-44-2249(📠兼用)
表具処 軸源
[PR]
# by jikugen | 2015-07-12 20:30 | 展覧会のご案内 | Comments(0)
屏風/ステンレス・木曽アルテック社の漆和紙を素材にして屏風を仕立てました。
こんにちは。
広島県尾道市の表具店/表具処軸源です。
本日のご案内は屏風の表装です。

上張りは木曽アルテック社の漆和紙/黒縞・朱合で取り合わせをしました。
「取り合わせ」とは表具の世界では本紙(作品)を中心にして裂地や縁など全体のバランスを配慮することを言います。
「取り合わせ」次第で「作品」は如何様にも変容いたします。
作品に対するスタンスが表具に表れるのだと思います。
表具の怖いところです。

ステンレス蝶番は当店のオリジナルです。
金属工作所に発注するための製図にとりかかります。
作図を元にステンレス・ヘアーラインで蝶番を依頼いたします。
両サイドの縁は同じくステンレス・ヘアーラインを使いました。
少し重いですが、ずっしりとした重量感はまたいいものです。
このオリジナル蝶番は屏風の大きさや形や素材などとのバランスでデザインしていきます。三曲、四曲、六曲などさまざまに仕立てることができます。
a0074879_19152383.jpg



掛け軸の表装・額の表装・額・屏風の表装・衝立の表装・巻子・帖・襖など表装・表具一式。
身近な修復では色紙の染み抜きから数百年を経た古書画の修復まで。
またオーダーによる各種表装・表具のデザインまで幅広く取り組んでおります。
当店のオリジナル商品・扇子飾り具「かなめ」発売中です。
「扇子展示」や「扇子展」で検索いただけます。
722-0062 尾道市向東町1222-50
☎︎ 0848-44-2249(📠兼用)
表具処 軸源
[PR]
# by jikugen | 2015-07-06 19:25 | 屏風 | Comments(0)
振袖・着物を屏風に仕立てる。
こんにちは。
広島県尾道市の表具店/表具処軸源です。
本日のご案内は以前ご案内したことのある屏風仕立てです。
写真を少し増やしてアップしなおしました。思い出として大切に残しておきたい、それも見ようと思えばいつでも見ることができるかたちで。そのような思いで当店を訪ね、屏風仕立てをご依頼下さいました。
先ず振袖をどのような形に張り込むかの検討が始まります。
a0074879_13122304.jpg
a0074879_13124155.jpg
袖を折り込めば動きが出るのではないか、と形を変えてみながら作業を進めます。
a0074879_13124760.jpg
a0074879_13130242.jpg
a0074879_13132090.jpg
裏地の朱色をどの程度見せればよいのかバランスを確かめているところです。
a0074879_13130994.jpg

次の写真は解体した着物を裏打ちを施し、仕上がりのイメージに添って形を整えます。写真はそれを裏から撮ったところです。
a0074879_13113327.jpg
a0074879_13114063.jpg

a0074879_13110347.jpg
a0074879_13112555.jpg
a0074879_13105676.jpg

最後の写真は完成した振袖屏風です。
飽きの来にくいオーソドックスな形と振袖の晴れやかさとを活かしたいと考え、
上張りは川又木目金という金紙の上から川又絹という極く薄い紗織物を施したものです。この川又木目金は見る角度によって波紋のよう模様がうきでる特徴があります。オーソドックスな振袖の形と川又木目金の浮き出る波紋の動きとがお互いを引き立てるようにと取り合わせてみました。
a0074879_13453994.jpg






[掛け軸表装・額表装・額・屏風・衝立・巻子・帖・襖など表具一式。
身近な修復では色紙の染み抜きから数百年を経た古書画の修復まで。
またオーダーによる各種表具のデザインまで幅広く取り組んでおります。
当店のオリジナル商品・扇子飾り具「かなめ」発売中です。
「扇子展示」や「扇子展」で検索いただけます。
[PR]
# by jikugen | 2015-07-05 14:07 | 屏風 | Comments(0)
「アルマイト板」を使った額装
こんにちは。
広島県尾道市の表具店/表具処軸源です。

本日のご案内は「アルマイト板」を用いた額装です。
本紙は全懐紙。
3ミリアクリル板面取り。
四隅はボタンタイプのネジ止め。
養生紙テープをイメージに添って切り貼りしたものを自動車塗装屋さんで塗装していただきました。
自動車塗装の良さは、はなんと言っても皮膜強度が高いことと色艶のシャープさにあると思っています。

【心あてに 折らばや折らむ 初霜の おきまどはせる 白菊の花】
凡河内躬恒「古今集」秋下・277
真っ白な初霜が降りて
あてずっぽうに折るしかないほどに白菊と初霜との見分けがつかなくなっている。

野の花を手折り、部屋に活ける風習があったのかどうか知りませんが、白菊の可憐さを所有したいほどだったのかも知れません。

初霜が降りはじめ当たり一面が真っ白な世界になってゆく。その時間の推移、初霜と白菊の見分けがつかなくなっていく有様を表具してみようと思いました。と、書きましたが、なんとなくエロイ、女たらしの匂いがしないでもありません。こんな歌で遊んでたんだな。住む世界が違うと、住む世界なりの美意識がいる。郷に入れば郷に従え。そして相手もそれを待つようになるんだ。つまり、初霜が降りて白菊との見分けがつかないほどだが、そのような中からでも一番美しい白菊を僕は見つけることができる。そう歌っているのだろうか。
a0074879_21163260.jpg





掛け軸表装・額表装・額・屏風・衝立・巻子・帖・襖など表具一式。
身近な修復では色紙の染み抜きから数百年を経た古書画の修復まで。
またオーダーによる各種表具のデザインまで幅広く取り組んでおります。
当店のオリジナル商品・扇子飾り具「かなめ」発売中です。
「扇子展示」や「扇子展」で検索いただけます。
[PR]
# by jikugen | 2015-06-29 21:26 | | Comments(0)
「表具は注連縄(しめなわ)である」

こんにちは。
広島県尾道市の表具店/表具処軸源です。

本日のご案内「表具は注連縄(しめなわ)である」にお付き合い下さいませ。

軸源の定番になっておりますアルミ丸棒を折り曲げた額です。
「注連縄」も外に向かって一箇所開かれています。
「額」も「掛軸」も平面的で、基本的には正面が入り口ということになっていますね。
いわば入り口は正面のみ。
襟元を正さざるを得ません。
なのにこの額はじつに多くの入り口を有しています。額は表具の仕方で作品の見え方を方向づける面があります。それは表具のもつプラスとマイナスの両側面です。ところでこの額は不完全な周縁を有し、作品に対し投げやりな境界であり、額の常道から逸れています。このようながくを有する作品が如何なる見え方をするのか。実際にこの額を体験していただくことがベストだと思うのですが、いかがなものでしょうか。
思わぬ発見があるかも知れません。
広島県尾道市在住の美術家・高田三徳氏のパステル作品です。

色紙とほぼ同寸法です。
アクリルBOX仕立てです。
a0074879_21263950.jpg




掛け軸表装・額表装・額・屏風・衝立・巻子・帖・襖など表具一式。
身近な修復では色紙の染み抜きから数百年を経た古書画の修復まで。
またオーダーによる各種表具のデザインまで幅広く取り組んでおります。
当店のオリジナル商品・扇子飾り具「かなめ」発売中です。
「扇子展示」や「扇子展」で検索いただけます。
[PR]
# by jikugen | 2015-06-23 21:36 | | Comments(0)
「涼やかさを表具する」アクリル素材によるデザイン
こんにちは。
広島県尾道市の表具店/表具処軸源です。

本日のご案内は
「涼やかさを表具する」です。
2枚の透明アクリル板に作品を挟む方法です。
すこしの空間があればかざることが可能です。また透明どの高いアクリル素材ですから
かざることで広くかんじるという不思議さがあります。
また、表具師として書展などにかかわることがあります。
そんなときこんな一輪挿しがあったらいいな
という思いを形にしました。
「花ポケット」と名づけています。
縦型・横型を含めた大/中/小/ミニなどがあり
組み合わせ花を活ける楽しさはまるでオブジェ感覚です。



a0074879_12245024.jpg

a0074879_12251932.jpg

a0074879_12251380.jpg


掛け軸表装・額表装・額・屏風・衝立・巻子・帖・襖など表具一式。
身近な修復では色紙の染み抜きから数百年を経た古書画の修復まで。
またオーダーによる各種表具のデザインまで幅広く取り組んでおります。
当店のオリジナル商品・扇子飾り具「かなめ」発売中です。
「扇子展示」や「扇子展」で検索いただけます。
[PR]
# by jikugen | 2015-06-22 12:35 | 表具 | Comments(0)
「表装・表具における透明感のデザイン」
こんにちは。
広島県尾道市の表具処軸源です。

本日のご案内は「表装・表具における透明感のデザイン」です。
アクリル素材の透明感を表装・表具に取り入れてみました。
a0074879_13234111.jpg
a0074879_10495780.jpg

a0074879_13234943.jpg
a0074879_10500887.jpg
a0074879_10501977.jpg


a0074879_13232012.jpg
a0074879_13231316.jpg





掛け軸の表装・額の表装・額・屏風の表装・衝立・巻子・帖・襖など表装・表具一式。
身近な修復では色紙の染み抜きから数百年を経た古書画の修復まで。
またオーダーによる各種表装・表具のデザインまで幅広く取り組んでおります。
当店のオリジナル商品・扇子飾り具「かなめ」発売中です。
「扇子展示」や「扇子展」で検索いただけます。
[PR]
# by jikugen | 2015-06-21 10:58 | 衝立 | Comments(0)
卓上タイプのアクリル製衝立/扇面形
こんにちは。

広島県尾道市の表具店/表具処軸源です。

本日のご案内は昨日のアクリル製の卓上衝立の扇面タイプです。
昨日のアクリル製の卓上衝立はアクリル板に思い思いのデザインが楽しめる特徴がありました。
本日の卓上衝立はアクリル板を扇面形に特化しました。
ずいぶん贅沢なデザインです。
しかし扇面形に特化することで扇面の形の美しさが引き立ちます。
5ミリ厚のアクリル板二枚、しかも手前のアクリル板の面取りや斜めにデザインされた台座の光の屈折反射は幻想的であり、扇面作品により一層の輝きを増すものとなります。
a0074879_13231316.jpg






表具処軸源は広島県尾道市の表具店です。
掛け軸表装・額表装・額・屏風・衝立・巻子・帖・襖など表具一式。
身近な修復では色紙の染み抜きから数百年を経た古書画の修復まで。
またオーダーによる各種表具のデザインまで幅広く取り組んでおります。
当店のオリジナル商品・扇子飾り具「かなめ」発売中です。
「扇子展示」や「扇子展」で検索いただけます。
[PR]
# by jikugen | 2015-06-20 23:29 | 衝立 | Comments(0)
スライドパーティション 屏風をデザインしました
こんにちは。
広島県尾道市の表具店/表具処軸源です。
本日のご案内は屏風
『スライドパーティション 屏風をデザインしました』です。

木製塗装仕立て。
右隻・左隻が細長い凹凸のスライドのためのアームを有しています。
屏風の角度と幅は凹凸アームをスライドさせながら決めていきます。
部屋の隅に置くことも勿論ありですが
部屋の中に置くことで特化された部屋作りが楽しめると言うのが
この屏風の特徴です。
裏表色違いの塗装にすれば二倍楽しめます。
つまり、このスライドパーティションは表裏がありません。
衝立にも表裏がありませんが
このスライドパーティションは、目的によって幅と角度調整をしながら部屋作りを2倍楽しめるようにとデザインいたしました。

a0074879_13004670.jpg






掛け軸の表装・額の表装・額・屏風の表装・衝立の表装・巻子・帖・襖など表装・表具一式を扱っております。
身近な修復では色紙の染み抜きは大変好評をいただいております。
そして数百年を経た古書画の修復は古さを残した洗いに心掛け,
代々まで伝えていく表具を提供したいと考えています。
またオーダーによる各種表装・表具のデザインは1980年頃からまだ見ぬクオリアをめざし、
取り組んできました。
それらはブログによる「表具日記」で継続的にご紹介してきております。

『扇子をぴたっと  かなめでdeピタッと』

今年から当店のオリジナル商品・扇子飾り具「かなめ」を発売中でございます。
「かなめ」は「扇子展示」や「扇子展」で検索いただけます。
見積もりなどお気軽にお問い合わせください。
お待ちいたしております。
722-0062 尾道市向東町1222-50☎︎ 0848-44-2249(📠兼用)
表具処 軸源ホームページ  こちらからどうぞ⇒jikugen.jp

[PR]
# by jikugen | 2015-06-19 13:16 | 屏風 | Comments(0)



尾道・表具         表具処 軸源           (店主 津口知幸)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
カテゴリ
全体
表具
修復
掛け軸

屏風
衝立

パネル額
展覧会のご案内
表具日記
境界写真
境界物
尾道工業高校体操部
書道展のご案内
尾道
表具店
無題
扇子
扇子立て
巻子
掛軸・染み抜き
オリジナル扇子
俳句
ツイッター
最新の記事
表具と扇子
at 2017-10-06 08:14
掛軸の黴
at 2017-08-12 10:11
陶板額
at 2017-08-11 09:03
床の間と掛軸
at 2016-12-26 14:32
『鉄樹枝を抽(ぬき)んじ石樹..
at 2016-05-13 08:57
『鉄樹枝を抽(ぬき)んじ石樹..
at 2016-05-13 08:57
「ヴィヴィアン・マイヤーを探..
at 2016-01-12 18:18
山岡鉄舟の掛軸仕立て直し
at 2015-12-31 21:24
高校生絵のまち 尾道四季展
at 2015-12-24 12:52
表具処軸源のパンフレットが完..
at 2015-12-15 13:04
最新のコメント
> 田久 明様 お久し..
by jikugen at 10:22
ご無沙汰をしております。..
by 田久 明 at 08:01
有難うございます。 仰..
by jikugen at 18:59
リンクが正常になり良かっ..
by sho-doit at 17:13
こんにちは。 リンクの..
by jikugen at 12:10
こんばんは。コメントあり..
by jikugen at 00:36
こんばんは。 御無沙汰..
by sho-doit at 22:26
sho-doitさん、追..
by jikugen at 04:34
Sho-doitさん、コ..
by jikugen at 04:20
こんにちは!かなり前の記..
by sho-doit at 11:08
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2016年 12月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧