有限会社「中村金襴工場」と「チャンピオンスニーカー」
こんにちは。
広島県尾道市の表具店/表具処軸源です。

軸源のホームページがリニューアル致しました⇒jikugen.jp

本日のご案内は福山市神辺町にある【有限会社「中村金襴工場」と「チャンピオンスニーカー」】です。
どうぞお付き合い下さい。

「中村金襴工場」さんは福山市神辺町にある,表具に使われる金襴を主力において製造されている会社です。表具裂地における中国・四国・九州エリアの9割を占めているそうです。社長の中村さんはアイディアマンで、ホログラム金襴を造ったり、金襴日傘を造るなど、表具世界にこだわることなく様々な分野とのコラボレーションを企画実行されています。ユニークです。
この度は「スニーカー」と「金襴」とのコラボ商品です。
スニーカーで知られる「チャンピオンスニーカー」の布地の部分になんと、「中村金襴」さんの水玉「金襴」が使われています。
都市部や大学などで流行るかもしれないですね。
尾道市でも何人かのファッションリーダー的な人達が実験的にそれとなく履いて歩くのもいいかも知れない。
水玉模様の金襴以外にも「ホログラム箔金襴」を使ったのもあるそうです。
a0074879_23315227.jpg


今日は仕事で裂地を購入に行ったのですが、そこでいろんな話になり「金襴スニーカー」の話に及んだのでした。
実際、掛け軸など、手技による表具は年々減ってきています。プレスで掛け軸を安く早く生産する機械化が大きなウエイトを占めるようになってきています。1日で1,000本生産できる機械化に人間の手技は非効率ということなのでしょうか。「表具は後光(ごこう)である」とも考えている僕は、人間の生き様を支えている、目には見えないけれどそれがなければ衰退してしまうようなものを大切にし、また育てながら表具に向き合いたいと思うようになりました。

時代が生むものってあるのだなと、目の前の「金襴スニーカー」をテーマにして経営勉強会のような時間、しかも楽しい過ごさせていただきました。
とても冷たい麦茶がホント美味しかったです。
以上を書いた後、「草間彌生」さんと水玉コラボが実現すればいいなと思いました。
印刷とかの草間彌生グッズはたくさんあるけれど、金襴織の水玉グッズはいけるのじゃないかと思いました。ハードルは高いかも知れませんが、実現できたらいいなあ。

掛け軸の表装・額の表装・額・屏風の表装・衝立の表装・巻子・帖・襖など表装・表具一式を扱っております。
身近な修復では色紙の染み抜きは大変好評をいただいております。
そして数百年を経た古書画の修復は古さを残した洗いに心掛け,
代々まで伝えていく表具を提供したいと考えています。
またオーダーによる各種表装・表具のデザインは1980年頃からまだ見ぬクオリアをめざし、
取り組んできました。
それらはブログによる「表具日記」で継続的にご紹介してきております。

『扇子deかなめ』
軸源のオリジナル商品・扇子飾り具「かなめ」を発売中でございます。
「かなめ」は「扇子展示」や「扇子展」で検索いただけます。
扇子は日本の発明です。
オリジナル扇子で扇子世界を楽しみませんか!

「扇子をピタッと  ピタッとかなめ」

見積もりなどお気軽にお問い合わせください。
パンフレットもご用意いたしております。
722-0062 尾道市向東町1222-50☎︎ 0848-44-2249(📠兼用)
表具処 軸源ホームページ  こちらからどうぞ⇒jikugen.jp
[PR]
# by jikugen | 2015-06-18 00:02 | 表具日記 | Comments(0)
ドウサ処理
こんにちは。
広島県尾道市の表具店/表具処軸源です。

本日のご案内はドウサ処理です。
日本刺繍の大袱紗です。裏打ちする前にドウサ処理しています。
染めがあまいのでしょうか、色落ちしそうなので色止めのための処置が必要です。膠三千本と明礬とを合わせた液をドウサといいます。三千本に川は鹿や兎などの皮革や骨髄から採られるコラーゲンを主とするたんぱく質の一種です。古来から使われている大変に機能性に富んだ接着剤です。
このドウサ液の作り方も一筋縄ではいきません。
この写真の大袱紗は額装となります。
a0074879_19410297.jpg

a0074879_19412288.jpg

a0074879_19442459.jpg

a0074879_19413837.jpg




表具処軸源は広島県尾道市の表具店です。
掛け軸表装・額表装・額・屏風・衝立・巻子・帖・襖など表具一式。
身近な修復では色紙の染み抜きから数百年を経た古書画の修復まで。
またオーダーによる各種表具のデザインまで幅広く取り組んでおります。
当店のオリジナル商品・扇子飾り具「かなめ」発売中です。
「扇子展示」や「扇子展」で検索いただけます。
[PR]
# by jikugen | 2015-06-16 19:47 | 表具 | Comments(0)
アクリル額
こんにちは。
広島県尾道市の表具店/表具処軸源です。

本日のご案内はアクリル板を使った額装です。
全壊紙横・浮かしタイプ
3㎜厚アクリル板マット(半透明)仕様
四隅にステンレスの三角板を取り付けています。
取替え自在な二種類の布を裏から貼り込んでいます。

a0074879_18385168.jpg



15,6年前の仕事です。
今だと、四隅の三角板は使わないで、布をもう少し活かしたデザインにするかも知れません。たぶん、アクリルの磨りガラス性に焦点を合わせたいのかも知れません。四隅の三角板は主張の強さで、磨りガラス的なほんわかとした表情を活かせてないかなと、今なら思ったりします。
表具もまた時代の傾向と切り離せないのだなと思います。
そういう意味では自分の仕事を振り返るのは意味あることだと思うのです。

広島県尾道市で表具店/表具処軸源を営業いたしております。。
掛け軸表装・額表装・額・屏風・衝立・巻子・帖・襖など表具一式。
身近な修復では色紙の染み抜きから数百年を経た古書画の修復まで。
またオーダーによる各種表具のデザインまで幅広く取り組んでおります。
当店のオリジナル商品・扇子飾り具「かなめ」発売中です。
「扇子展示」や「扇子展」で検索いただけます。

[PR]
# by jikugen | 2015-06-14 18:52 | | Comments(0)
「表具とは後光(ごこう)である」追加
こんにちは。
広島県尾道市の表具店/表具処軸源です。

本日のご案内は「表具とは後光(ごこう)である」です。
ちなみに「後光(ごこう)」を辞書で牽きますと「仏・菩薩(ぼさつ)のからだから発するという光。また、仏像の後ろに表した金色の光。光背。背光。」とあります。
今日、ある時間待ちをしている時にフト「表具とは後光(ごこう)を表現しているのではないか!」というアイディアが浮かびました。
チョコチョコッとメモって、今こうして書いています。
「表具とは後光(ごこう)である」という初めてのアイディアについては本来暖めて、膨らませて、というのがものの順序なのだと思いますが、
根がせっかちなのでもう書いてしまいました。暖め、膨らませるのはこれからの重要な仕事だと感じています。
次の写真は「表具とは後光である」とは直接関係しているのではありませんが一昨日ご依頼のあった作品です。
いわば、すべての「作品」には「オーラ」が放たれていると思っています。
ただ、僕たちの目には見えないだけなんでしょう。
「オーラ」は感じるものなんだと思うのです。
見えないから存在しないとはあまりにもやせ細った思考ではないのかと、戒めを込めて書いています。
「百聞は一見に如かず」ということわざがあります。
これなどはイッケンわかりやすいように思えます。
このことわざができた時代背景には、聞くことよりも見ることに重点がおかれ始めていたというようなことがあったのでしょうか。
よくわかりませんが、僕たちと世界を結ぶ感覚に大きな変動が起き、
感じることの重要さを継承することより、見えないものを見えるものに置き換えることに移行した時代だったのかも知れません。
a0074879_13021428.jpg




広島県尾道市で表具店/表具処軸源を営んでおります。
掛け軸表装・額表装・額・屏風・衝立・巻子・帖・襖など表具一式。
身近な修復では色紙の染み抜きから数百年を経た古書画の修復まで。
またオーダーによる各種表具のデザインまで幅広く取り組んでおります。
当店のオリジナル商品・扇子飾り具「かなめ」発売中です。
「扇子展示」や「扇子展」で検索いただけます。

[PR]
# by jikugen | 2015-06-13 13:23 | 表具 | Comments(0)
「竹久夢二」を額装する。
こんにちは。
広島県尾道市の表具店/表具処軸源です。

本日のご案内は葉書き二分の一巾サイズ用のパネル額です。
見込み20ミリ、外周は一段下げて階段状にデザインしています。
本紙は葉書き二分の一巾サイズの浮かし作品台タイプ。
黒艶消し塗装です。
ご案内の額の本紙は「竹久夢二」です。
「太陽」という、素敵な企画誌の「竹久夢二特集」を切り抜いたものです。
学生時代に生家を訪ねたこともあった夢二さんです。
「銀花」「デザインの現場」「太陽」などなど
好きな雑誌がなくなっていくのが悲しい。


a0074879_19154012.jpg


広島県尾道市で表具店/表具処軸源を営んでおります。
掛け軸表装・額表装・額・屏風・衝立・巻子・帖・襖など表具一式。
身近な修復では色紙の染み抜きから数百年を経た古書画の修復まで。
またオーダーによる各種表具のデザインまで幅広く取り組んでおります
当店のオリジナル商品・扇子飾り具「かなめ」発売中です。
「扇子展示」や「扇子展」で検索いただけます。


[PR]
# by jikugen | 2015-06-10 19:29 | パネル額 | Comments(0)
扇面パネル仕立て
こんにちは。
広島県尾道市の表具店/表具処軸源です。



本日のご案内は30年(たぶん)ぐらい昔の仕事です。
黒艶消し塗装パネルに真紅の和紙を張りました。
横800x縦500㎜くらいの大きさのパネルだったと思います。
扇面形を安定でもなく不安定でもないような動きのある構成を狙ったのかもしれません。
今となっては自分の仕事とは言え想像するほかありませんが
結構楽しいですね。
a0074879_17560269.jpg







次の写真は「海の記憶」と名づけたオブジェです。
尾道水道を往き来するフェリーの浮き桟橋を繋ぎとめる錆びた鎖です。
適当な形に切断し台盤に溶接したものです。
私の密かな趣味の一つです。
a0074879_17561136.jpg



広島県尾道市で表具店/表具処軸源を営業いたしております。。
掛け軸表装・額表装・額・屏風・衝立・巻子・帖・襖など表具一式。
身近な修復では色紙の染み抜きから数百年を経た古書画の修復まで。
またオーダーによる各種表具のデザインまで幅広く取り組んでおります。
当店のオリジナル商品・扇子飾り具「かなめ」発売中です。
「扇子展示」や「扇子展」で検索いただけます。
[PR]
# by jikugen | 2015-06-07 19:37 | | Comments(0)
「四国八十八ヶ寺」お札の本紙形成過程
こんにちは。
広島県尾道市の表具店/表具処軸源です。

本日のご案内は昨日に引き続きまして「四国八十八ヶ寺」の掛軸表装の段取りです。
四国八十八ヶ寺のそれぞれのお寺のご本尊を仕立てたお札です。
この八十八ヶ寺のお札を糊付けして一枚の本紙に仕立てます。
乾燥の強い時はn糊付け部分が引き攣り、全体の形が歪んでしまいます。簡単なようで実に難しいのです。
今日のような湿気のある天候の時を狙って糊付けします。
a0074879_19315838.jpg

a0074879_19322133.jpg
a0074879_19325578.jpg
a0074879_19332116.jpg
a0074879_13351836.jpg
次の写真は約8㎜幅のテープ上の薄い布(筋取り専用に織られたナナコと呼ばれる薄くて柔らかい表具裂地)によってお札を繋ぎ合わせた本紙の裏面です。
a0074879_13574820.jpg
最後に「弘法大師像」のお札を中央にはめ込み、本紙形成の第一段階はとりあえず完成です。次の写真は八十八枚のお札をすべて繋ぎ合わせた完成形となります。
a0074879_13332280.jpg
これから本紙に肌裏打ちという作業をいたします。順次、掛軸完成までの途中経過を写真案内させていただく予定でございます。


表具処軸源は広島県尾道市の表具店です。
掛け軸表装・額表装・額・屏風・衝立・巻子・帖・襖など表具一式。
身近な修復では色紙の染み抜きから数百年を経た古書画の修復まで。
またオーダーによる各種表具のデザインまで幅広く取り組んでおります。
当店のオリジナル商品・扇子飾り具「かなめ」発売中です。
「扇子展示」や「扇子展」で検索いただけます。

[PR]
# by jikugen | 2015-06-06 14:03 | 掛け軸 | Comments(0)
「四国八十八ヶ寺」
こんにちは。
広島県尾道市の表具店/表具処軸源です。
掛け軸表装・額表装・額・屏風・衝立・巻子・帖・襖など表具一式。
修復から各種デザインまで幅広くやっております。
当店のオリジナル商品・扇子飾り具「かなめ」発売中です。
「扇子展示」や「扇子展」で検索いただけます。

本日のご案内は「四国八十八ヶ寺」の掛軸表装の段取りです。
四国88ヶ寺のそれぞれのお寺のご本尊を仕立てたお札です。
この88ヶ寺のお札を糊付けして一枚の本紙に仕立てます。
簡単なようで実に難しいのです。
今日のような湿気のある天候の時を狙って糊付けします。
三代目と僕と二人でパーツを分担して取り組みます。
気温が高く乾燥した日は糊付けした箇所が引きつりやすいので
今日のような日はもってこいなのです。
写真でご案内致します。
a0074879_19320997.jpg
a0074879_19315838.jpg
a0074879_19322133.jpg
a0074879_19323732.jpg
a0074879_19325578.jpg
a0074879_19330248.jpg
a0074879_19332116.jpg
a0074879_19333357.jpg
a0074879_19333852.jpg
a0074879_19334638.jpg
こんな感じでお札を糊付けし一枚の本紙の如く仕上げるのです。乾燥が速いと糊付けの箇所が引きつり、次の段階に悪い影響を与えます。ほんとうにデリケートです。(写真で見ると麻雀牌のようでもあります)


[PR]
# by jikugen | 2015-06-05 19:42 | 掛け軸 | Comments(0)
表具とは
こんにちは。
広島県尾道市の表具店/表具処軸源です。
掛け軸表装・額表装・額・屏風・衝立・巻子・帖・襖など表具一式。
修復から各種デザインまで幅広くやっております。
当店のオリジナル商品・扇子飾り具「かなめ」発売中です。
「扇子展示」や「扇子展」で検索いただけます。

掛軸の形式に「真」「行」「草」といわれるものがあります。
一般的に仏表具(ぶつひょうぐ)と言われ、「仏画」や法語である「南無阿弥陀仏」「般若心経」など、
仏教に関するものの表具は「真」の表具と言われています。
中心となる「仏画」や「法語」などの本紙を二重三重に表具裂で取り囲む表具形式のことです。
掛軸のこのような形式は「本紙」を強化するものであると同時に
「本紙」と「私たち」との「距離」をも表現していると考えられます。
「私たち」を「俗」「此岸」「地」であるとするとき
「本紙」は「聖」「彼岸」「天」であるような関係意識を表していると言えるでしょう。
それが表具など身体を介する職仕事のおもしろいところだと思うのです。
掛軸のこの形式は、掛軸が生まれたときから「真・行・草」としてあったわけではないでしょう。
このことは僕のような一介の表具師が簡単に言えることではありませんが
「本紙」に対する敬虔な気持ちがなければそもそも表具なぞ生まれることもなかったと思っています。
このような視点からの「表具論」を切望するもののひとりです。

[PR]
# by jikugen | 2015-06-03 19:49 | 表具 | Comments(0)
内でも外でもなくジャングルジムのような
こんにちは。
広島県尾道市の表具店/表具処軸源です。
掛け軸表装・額表装・額・屏風・衝立・巻子・帖・襖など表具一式。
修復から各種デザインまで幅広くやっております。
当店のオリジナル商品・扇子飾り具「かなめ」発売中です。
「扇子展示」や「扇子展」で検索いただけます。


これから写真のような刺繍を製作しますので、その刺繍を飾る額を、と依頼されました。
a0074879_16484277.jpg


以前作っていたパンフレットの中から選んで下さった額を基本に作ることになりました。
鉄の丸棒をジャングルジムのようなイメージで仕立てたいと思っています。
強力な皮膜塗装でしあげますがとても楽しみです。
ちなみに基本イメージを写真でご案内致します。
その写真がみつからないので
同じようなコンセプトで作らせていただいた衝立をご案内致します。
a0074879_18072509.jpg
a0074879_18073418.jpg





この衝立には鉄の丸棒を使いました。
なじみの鉄工所に図面を持ち込み作りました。

コンセプトという大げさなものではありませんが
その当時書いたものです。

書や絵画といった作品を中心とし
その周縁として額や掛け軸などがある。
表具は額なら額という周縁を通じて見るという
見方のシステムのひとつだ。
見方のシステムとしての表具が誕生する以前に
私たちが見ていた見方を
システム化したものが
表具ではないのだろうか。
というようなことを想っているなかで
出来た額です。
中心であることをずらす。
内部でありつつも外部に晒されている。
システム化される以前の世界との交通。
そのような額/表具をイメージしたのだった。

[PR]
# by jikugen | 2015-05-31 18:16 | 表具 | Comments(0)



尾道・表具         表具処 軸源           (店主 津口知幸)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
カテゴリ
全体
表具
修復
掛け軸

屏風
衝立

パネル額
展覧会のご案内
表具日記
境界写真
境界物
尾道工業高校体操部
書道展のご案内
尾道
表具店
無題
扇子
扇子立て
巻子
掛軸・染み抜き
オリジナル扇子
俳句
ツイッター
最新の記事
表具と扇子
at 2017-10-06 08:14
掛軸の黴
at 2017-08-12 10:11
陶板額
at 2017-08-11 09:03
床の間と掛軸
at 2016-12-26 14:32
『鉄樹枝を抽(ぬき)んじ石樹..
at 2016-05-13 08:57
『鉄樹枝を抽(ぬき)んじ石樹..
at 2016-05-13 08:57
「ヴィヴィアン・マイヤーを探..
at 2016-01-12 18:18
山岡鉄舟の掛軸仕立て直し
at 2015-12-31 21:24
高校生絵のまち 尾道四季展
at 2015-12-24 12:52
表具処軸源のパンフレットが完..
at 2015-12-15 13:04
最新のコメント
> 田久 明様 お久し..
by jikugen at 10:22
ご無沙汰をしております。..
by 田久 明 at 08:01
有難うございます。 仰..
by jikugen at 18:59
リンクが正常になり良かっ..
by sho-doit at 17:13
こんにちは。 リンクの..
by jikugen at 12:10
こんばんは。コメントあり..
by jikugen at 00:36
こんばんは。 御無沙汰..
by sho-doit at 22:26
sho-doitさん、追..
by jikugen at 04:34
Sho-doitさん、コ..
by jikugen at 04:20
こんにちは!かなり前の記..
by sho-doit at 11:08
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2016年 12月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧