人気ブログランキング |
表具日記 「 僧推月下之門  僧敲月下之門 」 
推敲の由来については高校の頃習った筈だ。

『賈島は科挙(かきょ)の試験を受けるために、都・長安に赴(おもむ)いた。あるとき驢馬(ろば)に乗りながら詩を作っているうちに、「僧は推(お)す月下の門」という句を思いついた。その句の「推(お)す」という語を「敲(たた)く」に変えたならばどんな感じになるだろうかと、手でその動作をしてみながら悩んでいた。「推」と「敲」のどちらするか、決められずに悩んでいるうちに、うっかり政府の高官である韓愈(かんゆ)の一行にぶつかってしまった。賈島が、非礼にもぶつかってしまった理由をくわしく述べると、韓愈は「そこは「敲(たた)く」にした方がよかろう」と言い、二人はそこから意気投合して、馬を並べて詩について語り合った。』 

『賈島は漢詩をつくる際、脂汗(あぶらあせ)をにじませて悩みに悩みぬき、ほとんど命を削るようにして、一字一句を定めていった詩人です。その詩作に対する態度は、まさしく苦吟派というにふさわしいものでした。』
〈故事成語でみる中国史)より

『その賈島、役人になるべく科挙(かきょ)の試験を受けるために都・長安にやって来たのですが、そんな折りにも詩のことが頭を離れず、あるとき驢馬(ろば)の背にゆられながら、一句をひねります。その中で、次のような一節を思いつきました。

鳥宿池辺樹   鳥は宿る 池辺の樹
僧推月下門   僧は推(お)す 月下の門

静まりかえって、月明かりだけがあたりを照らす夜、ある僧侶が友人宅を訪れて、その門を開ける、というシーンです。賈島は僧侶だった時期があるので、この詩中の僧侶も自分をイメージしているのかとも思われます。

しかし、この一節を噛みしめてみて、「僧は推(お)す」よりも、「僧は敲(たた)く」の方がよいのではないか、と賈島は迷います。

もし門を「推(お)す」のであれば、その音は「ぎいい~」といった感じであり、屋敷の友人はその僧侶の来訪をすでに知っており、勝手に入ってゆくことになります。一方「敲(たた)く」にすれば、月明かりの下に「ゴンゴン」という音が響くはずで、屋敷の友人は、その音によって僧侶の来訪を知ることになります。

このどちらのイメージで詩を作るか、街なかであるのも忘れて、驢馬(ろば)に揺られながら賈島は悩みに悩みます。そして詩に気を取られるあまり、うかつにも政府の高官・韓愈(かんゆ)の一行にぶつかってしまいます。

もちろん本来ならば、賈島が道をゆずらなければならず、大変な非礼にあたることは言うまでもありません。賈島はあわてて、ぼんやりしていた理由をくわしく韓愈に話しました。』〈故事成語でみる中国史)より

「推す」にするか「敲く」にするかは
俳句十七文字に置き換えてみれば
別の世界を表すことになるのだということが
身に沁みて分かる今頃です。

表具の世界においても
まさしくその通りであって
掛け軸でいえば
一文字 中廻し 天地
これらの裂地の取り合わせは
一色の違いで別の掛け軸になってしまいます。
まさに推敲の世界です。

by jikugen | 2008-12-18 06:51 | 表具日記 | Comments(0)
<< 表具日記      推敲 蛍草 表具日記       境界写真... >>



尾道・表具         表具処 軸源           (店主 津口知幸)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
リンク
カテゴリ
全体
表具
修復
掛け軸

屏風
衝立

パネル額
展覧会のご案内
表具日記
境界写真
境界物
尾道工業高校体操部
書道展のご案内
尾道
表具店
無題
扇子
扇子立て
巻子
掛軸・染み抜き
オリジナル扇子
俳句
ツイッター
最新の記事
表具と扇子
at 2017-10-06 08:14
掛軸の黴
at 2017-08-12 10:11
陶板額
at 2017-08-11 09:03
床の間と掛軸
at 2016-12-26 14:32
『鉄樹枝を抽(ぬき)んじ石樹..
at 2016-05-13 08:57
『鉄樹枝を抽(ぬき)んじ石樹..
at 2016-05-13 08:57
「ヴィヴィアン・マイヤーを探..
at 2016-01-12 18:18
山岡鉄舟の掛軸仕立て直し
at 2015-12-31 21:24
高校生絵のまち 尾道四季展
at 2015-12-24 12:52
表具処軸源のパンフレットが完..
at 2015-12-15 13:04
最新のコメント
> 田久 明様 お久し..
by jikugen at 10:22
ご無沙汰をしております。..
by 田久 明 at 08:01
有難うございます。 仰..
by jikugen at 18:59
リンクが正常になり良かっ..
by sho-doit at 17:13
こんにちは。 リンクの..
by jikugen at 12:10
こんばんは。コメントあり..
by jikugen at 00:36
こんばんは。 御無沙汰..
by sho-doit at 22:26
sho-doitさん、追..
by jikugen at 04:34
Sho-doitさん、コ..
by jikugen at 04:20
こんにちは!かなり前の記..
by sho-doit at 11:08
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2016年 12月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧