人気ブログランキング |
<   2008年 10月 ( 47 )   > この月の画像一覧
表具日記  昨日は多忙だった。
昨日は移動がとにかく多い日だった。
福山のしぶや美術館で中西和雅さんの画業35年企画展
尾道で8カ所。
孔雀荘
尾道絵のまち館
尾道福祉センター

向島で2カ所。

帰宅した我が家で仕事の打ち合わせ。
娘(長女)と娘の先輩である西山由香ちゃんと妹の美恵ちゃん。
私と家内。
三藤先生(由香ちゃんと娘の高校時代の美術部の先生)。
(先生は10分程でお帰りになられた。我が家に立ち寄られる前に
由香ちゃん達と逢っていたということでした)


美恵ちゃんの結婚披露宴の受付でデビュー予定の迎賓グッズの
仕立てのための打ち合わせを侃々諤々丁々発止満面笑顔で
行われた。
西山由香ちゃんと妹の美恵ちゃんのお祖父ちゃんが
半紙に書かれた“寿”という書作品と美恵ちゃんの写真を
使った迎賓グッズのための
2回目の“いかに仕立てるか表具会議”が開かれたのでした。

いいものに仕立てるぞ。

by jikugen | 2008-10-20 05:47 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記  尾道・佐藤紙店の御主人が急逝された
10月16日の朝、尾道・佐藤紙店の御主人・佐藤寛一氏が
急逝された。
享年60歳早すぎる死だ。
10月18日に葬儀が行われたのだが
その日は私のいとこのご主人の法要があり参列出来なかった。

佐藤紙店はその2階がギャラリーになっており
尾道在住の陶芸家・秋元文雄さんが個展でよく使われていた。
秋元さんを通じて知遇を得た。
優しい熊のような方だった。
遣り残されたことも多くおありだったことでしょう。
謹んでご冥福をお祈り致します。

by jikugen | 2008-10-20 04:49 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記   俳句  露草を巡って



           アスファルト砂溜まりてや蛍草



                                     亭々






            露草を巡って俳句をし始めている。
            きっかけは
            県道の歩道拡張に伴って
            暗渠が新しくなったことにある。
            何気なく
            出来たばかりの暗渠の中を覗くと
            いつの間にか草が根付いていた。
            両側面と底がコンクリート製である
            暗渠に根付くことが驚きだったし
            ひと月も経たないうちの出来事であることや
            暗渠の底に落ちた僅かの土砂に根付いたことも
            衝撃だった。
            ほどなくして俳句についての新書を読んだことが
            引き金となり、
            露草事件の俳句が始まったのでした。
            言いたいことを如何に絞り込むかということや
            事実だけに囚われすぎてはいけないこと
            現実をはらみつつ如何に遠くへ行けるか等々
            五七五
            季語
            切れ
            しばらくは露草を巡って俳句をしたいと思う。
            
            
            
       
            

by jikugen | 2008-10-19 07:24 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記 俳句 推敲の繰り返し よく言えば推敲の積み重ね



               アスファルト亀裂のありて蛍草



               アスファルトひび入りにけり蛍草







               風薫る山鳩山を震わせり



                                亭々





    

“風薫る”の句は
小学6年の6月頃、新聞配達をしていたときの体験で
西谷という小山地区に入り込むと
決まって
ほーほーという鳥の鳴き声が響いてくるのでした。
何という鳥の名なのか知りようもなく
ただ聞き入りながら新聞を配っていました。
大人になって、あのほーほーは
山鳩だと解った時のうれしさは格別のものがありました。
長い間の宿題がやっと解けた感慨をぶち込み
俳句にしてみました。


俳句と表具との繋がりを日々感じています。

by jikugen | 2008-10-18 03:44 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記 遊びをせんとや生まれけん 戯れせんとや生まれけん
 梁塵秘抄 巻第二 四句神歌 雑

 
  あそ             うま       たはぶ          むま
 遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけん
  あそ  こども   こゑ        わ    み         ゆる
 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそ動がるれ







a0074879_3345823.jpg

              トンネルに風も遊ぶだろうか





              露草や暗渠は風の通り道

                               亭々

by jikugen | 2008-10-17 03:40 | 表具日記 | Comments(0)
料理 自然に手を加え始めることを覚えた人類の厳粛なる遊び



 
a0074879_753878.jpg




a0074879_762499.jpg




a0074879_772287.jpg




a0074879_774563.jpg




a0074879_79185.jpg



  梁塵秘抄 巻第二 四句神歌 雑

 
 あそ       うま    たはぶ    むま
 遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけん
 あそこども こゑ    わ み     ゆる
 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそ動がるれ
 



by jikugen | 2008-10-16 08:16 | 表具日記 | Comments(0)
表具日記 今日は出張なので夜中のうちに書いておこう
a0074879_1542595.jpg


あまりにも美しかった夕焼け。
一年のうち何回かはこのような夕暮れがある。








a0074879_1581374.jpg


  大雨の後の入り川にはいろんな新人がやってくる。






a0074879_203063.jpg


  化石のように刻が止まっている。


  35年ぐらい昔の事。
  漁師が蛸の餌にするため
  弁慶蟹を一匹1円で買ってくれた。
  バケツ一杯でいい小遣い稼ぎになったものだ。
 







 
by jikugen | 2008-10-15 02:14 | 境界写真 | Comments(0)
境界写真  送電線と秋の雲 まさに天高しだなあ

a0074879_6525133.jpg





a0074879_6531787.jpg





a0074879_6534311.jpg




          今朝は雨音から始まりました。
          久しぶりの雨です。

          雨音のとおくちかくに

          おっと
          いかんいかん 俳句をやってしまいそうだ。

          家のなかから雨音のとおくちかくを聴いている。
          見ているのではないけれど
          とおくとちかくを聞き分けられる聴力/脳力。
          見えないものを見る力でもある。
          見えているものの中に見えてないものがある。
          見えているものの背後に拡がる見えないもののほうが
          圧倒的に大きいのだろう。
          無限大といってもいいのではないだろうか。
          
          私たちの意識はそこからしか立ち上がらない。

          言葉は見えないものを見るための仕掛けのようなもの
          ではないのか。
          表具もまた見えない物ものを見るための仕掛のひとつ
          なのだと思う。

by jikugen | 2008-10-14 07:23 | 境界写真 | Comments(0)
表具日記  昨日の拙句を推敲 (推敲は推敲なんですが)
            



            秋空をよぎる奇跡や送電線





            天高し送電線のよぎりたる



            




            どなたか添削頂けないでしょうか・・・。
by jikugen | 2008-10-14 02:22 | 表具日記 | Comments(0)
  秋空をよぎる奇跡や送電線   タイトルを俳句に直してみました
「それはないだろう・・・・・・。」

昨日の自分のブログを読み直したとき
そう思ってしまったのだった。

確かに気がつかなかったのではあったが
「気づかなかったなあ」で終わったのでは
澄んだ秋空を横切る送電線に気づいた瞬間が
あまりにも間抜けだと感じたのだった。


秋空をよぎる奇跡や送電線


奇跡という言葉がふいに浮かんできて
これはもう「横切る」と「送電線」との間に入れるしかない。
奇跡、まさに奇跡の如く横切っていたのだったから。

そのようであった。




a0074879_7474738.jpg




            

             奇跡のような表具がしたし。



           
by jikugen | 2008-10-13 04:49 | 境界写真 | Comments(0)



尾道・表具         表具処 軸源           (店主 津口知幸)
リンク
カテゴリ
全体
表具
修復
掛け軸

屏風
衝立

パネル額
展覧会のご案内
表具日記
境界写真
境界物
尾道工業高校体操部
書道展のご案内
尾道
表具店
無題
扇子
扇子立て
巻子
掛軸・染み抜き
オリジナル扇子
俳句
ツイッター
最新の記事
表具と扇子
at 2017-10-06 08:14
掛軸の黴
at 2017-08-12 10:11
陶板額
at 2017-08-11 09:03
床の間と掛軸
at 2016-12-26 14:32
『鉄樹枝を抽(ぬき)んじ石樹..
at 2016-05-13 08:57
『鉄樹枝を抽(ぬき)んじ石樹..
at 2016-05-13 08:57
「ヴィヴィアン・マイヤーを探..
at 2016-01-12 18:18
山岡鉄舟の掛軸仕立て直し
at 2015-12-31 21:24
高校生絵のまち 尾道四季展
at 2015-12-24 12:52
表具処軸源のパンフレットが完..
at 2015-12-15 13:04
最新のコメント
> 田久 明様 お久し..
by jikugen at 10:22
ご無沙汰をしております。..
by 田久 明 at 08:01
有難うございます。 仰..
by jikugen at 18:59
リンクが正常になり良かっ..
by sho-doit at 17:13
こんにちは。 リンクの..
by jikugen at 12:10
こんばんは。コメントあり..
by jikugen at 00:36
こんばんは。 御無沙汰..
by sho-doit at 22:26
sho-doitさん、追..
by jikugen at 04:34
Sho-doitさん、コ..
by jikugen at 04:20
こんにちは!かなり前の記..
by sho-doit at 11:08
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2016年 12月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧